モーニングコール

モー二ングコールで副業!

 モー二ング コール で副業!

モーニングコール について 説明 して いきます !

この 副業 は 女性 限定的 に なりがち ですが 一 応 男性 の 募集 も あるそうです

在宅 で の 勤務 を 希望 の 方

短 時間で 副業 が したい 方

出勤 や 通学前 に 時間 のある 方

に 向いてる 副業 です!

 

この 副業 の 募集は ↓

モーニングコール娘

で 募集 しています !

 

また 現在 は 募集していませんが ↓

モーニングコールどっとコム

でも 必要 になったら 募集 をしています !

声 に 自信 の 方 、 人 を 起こす こと が 好きな 方

直接 声 で 起こしてもらう と 目が覚めやすい

快適 に 朝 を 迎えられるよう サポート

モーニングコール 会社 から 指定 された 電話 番号 に 電話 をかけて 、 相手 を 起こす 仕事 です 。 時間帯 は 朝 の 5 ~ 9 時 で あり 、 特に 6 ~ 7 時台 に 予 約 が 集中 しています。複数人 に 電話 を かけて 、 相手 が 出る ことで 1 件 の 仕事 が 完了 します。

利用者は都心部で働くは1人暮らしの男性が多く、仕事の忙しさからどうしても夜型の生活になってしまいがちです。朝は早起きすることがつらく、スマホのアラームでは目が覚めないという人から特に支持されています。

機械的なアラームは大音量やスヌーズ機能を駆使するよりも、生の人の声は脳を刺激するため、目が覚めやすいです。

また、モーニングコールの内容も「今日も1日お仕事を頑張ってください」や「夕方から雨が降るために傘を忘れずに」など、日常を後押ししてくれるため、モチベーションアップに使えるメリットもあります。

歩合制で1件50~150円が相場

時給制よりも歩合制のシステムを採用している会社が多いです。1件電話をすると50~150円の報酬が平均的です。1回では大きな稼ぎにはならなくても、時間の都合が付きやすいため、地道に長く続ける人におすすめです。

基本的に通話料はモーニングコール会社が負担します。継続的に仕事をする場合はスマホの貸し出しが行われますし、LINEやSkypeなどの無料通話アプリを利用することもあります。

ちなみにモーニングコール会社はお客様から1回200~300円程度の報酬を受け取っているため、仮に自分でお客様を集めることができると、売上がすべて利益に還元されます。

在宅で短時間に稼げるメリット

モーニングコール 代行 の 仕事 は 朝 の 5 ~ 9 時 の 1 ~ 2 時 間 の み の 勤務で す し 、 自宅 で 仕事 を することが できるため 、 主婦層 に 人気 の 高 い アルバイト です 。 本業 に 影響 がない 早朝 にできる ため 、 副業 としても 始めやすい です 。

1 人 の 担当 件数 は 個人 差 がありますが 、 おおよそ 1 時間 あたり 5 ~ 10 件 ほど で あり 、 1 回 の モーニング コール にかかる 時間は 1 ~ 2 分 です 。

その ため 、 モーニング コール の 仕事中 に 携帯 電話 を 持ち ながら 、 別 の 作業 を する 人 も いますが 、 実際 に 1 時間 で 10 件 をこなすためには 、 時間 管理 と 集中力 が 必要  で あり 、 意外 と 忙しい 仕事内容 だったり もします。

副業 で モーニングコール 代行 を 始める 手順

モーニングコール 代行 を始めたい 人 は 、モーニングコール 会社 に あらかじめ スタッフ と して 採用 されることが 一般的 です 。 前日 に 顧客 の 携帯電話 の 番号 が メール など で 通知 されて 、 指定 された 時間 に 電話 をかけます 。

  1.  スマホ や パソコン で 「 モーニングコール  募集 」 と 検索 すると 、 モーニング コール 会社 が 見 つかり ます 。
  2.  大手 の アルバイト情報サイト など でも 仕事 が 見つかることがあります 。
  3.  履歴書 や 電話面接 などを 経て 、 スタッフ に 採用 されます 。
  4.  通話 のために 携帯 電話 を 貸与 されたり 、 無料 通話 が できる スマホ アプリを インストール します 。
  5.  前日 まで に モーニングコール を する お客様 の 氏名と 電話番号を、メールなどで受信します。
  6. 起こす時間は5分単位や10分単位で、間隔を取ってあります。
  7. 指定された時間に正確に電話をかけて、お客様が出たらメッセージを伝えます。
  8. 無事モーニングコールが完了したら、後日報酬が振り込まれます。

モーニングコール代行は忙しい1日が始まるお客様に、さわやかな目覚めを届ける仕事です。基本的にはクレームやノルマはないために、テレフォンアポインターやテレフォンオペレーターのようなストレスはかかりません。

また、モーニングコールを始めるには学歴や資格は何も必要ありません。ただし、声が大切であるため、募集年齢は20~40歳までの女性が多いです。

モーニングコール代行の体験談

良い

自分では起きられないという人も含め、朝は清々しい気持ちで目覚めたいという人たちがモーニングコールを依頼しています。男性の利用者の場合は、朝は女性のきれいな声で起こされないという願望が強いかもしれません。

それ以外にも出張先で大切な商談に遅れないように起こしてもらうという目的で利用する人も多いです。最近はコストカットのために モーニングコール のサービスをしない宿泊施設も増えているため、こうした人たちからのニーズもあります。

良い

副業にはさまざまな職種がありますが、意外と「女性限定」という仕事は少ないです。女性のほうが向いている副業というと、実は数えるほどしかありません。その中で私がモーニングコール代行の副業を1年ほど続けています。

モーニングコール代行の副業をするには、まず代行業者に登録が必要です。自分の対応できる時間帯と対応可能な曜日を指定しておくと、それに該当する契約者の電話番号が伝えられるので、そこに決まった時間に電話してモーニングコールをする仕事です。

モーニングコールでかける言葉を指定する会社もありますが、基本的には私はフリースタイルで行われました。

私の声を気に入ってくれている人も多く、それがやりがいに繋がっている部分もあります。女性ならではの副業としてモーニングコール代行は、個人的に気に入っています。

良い

1人の担当者数は対応可能な時間帯によって変わりますが、10~20人程度を担当することが一般的です。1人あたり1分かかるため、全体の通話時間では40分、準備の時間を考慮すると朝の1時間はかなりタイトなスケジュールかもしれません。

ただし、基本報酬は1人あたり100円でしたので、1日1~2時間の作業で2,000円、それを週4回することで8,000円、1カ月で3万円程度の収入になっています。

自分が会社に行く前の朝5~7時の1時間を割り当てているため、本業のほうには全く影響がないですし、比較的安定して収入があり、体力的なつらさもさほど感じないなどの理由で、長く続けたいと思える副業です。

普通

完全に在宅で完結する仕事ですし、早朝の1~2時間で終わる仕事ですので、他のアルバイトと比べるとかなりらくな部類です。週に5日間の仕事をすれば1カ月間で4万~5万円の収入になるので、副収入としては充分です。

ただ、好条件な仕事なのでモーニングコール代行のアルバイトを希望する人の数は非常に多く、なかなか応募がかからない状態になっています。

そのため、私はこの仕事をしたい場合はモーニングコール代行を行う各社に問い合わせをして、募集が始まったらメールなどで知らせてもらえるようにしました。

普通

私の場合は朝早く起きることは昔から慣れていたために全く苦になりませんが、毎朝起きるのがつらいというタイプの人は、この副業は基本的には向いてないです。

ただ、早朝ではなく遅い時間にモーニングコールを依頼する人もいるので、そうした人を対象にするならいいかもしれません。

悪い

前日も絶対に寝坊などができないため、緊張してなかなか深い眠りにつけないときもありました。風邪などもひけませんし、滑舌をよくするための準備時間や発声練習もします。

また、実際にやってみるとわかりますが、1時間でもそれだけ長い時間連続して同じテンションで電話をしなければならないのは、結構つらいです。


以上「モーイングコールで副業!」を紹介しました

長所短所があるということが分かりましたね!

興味を持たれたら是非応募してみてください!

*参考 「チャットレディで稼ぐ!」

 

ピックアップ記事

  1. 超高性能Bit-AI を活用して副業!大金を簡単に手に入れる方法を紹介します!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメキャンペーン!

カテゴリー

訪問者

  • 8242総訪問者数:
  • 8今日の訪問者数:

Facebook

無料で本を手に入れる!!!


友だち追加

  1. ブログで稼ぐ

    ASPに登録したらセルフバックで稼ぐ!!!
  2. 考え方

    【注目マインド!】成功のはしご!
  3. 考え方

    モチベーションだけでは行動できない?
  4. FX

    初期投資50万円でFXを初めてみました
  5. 仮想通貨

    マーシャル諸島が国の仮想通貨「ソブリン(SOV)」を発行!
PAGE TOP