副業

読書(電子書籍)もネットで読める!

 読書 (電子書籍)もネットで読める!

以前も話しましたが、私は 読書 が好きです

でも本って意外とかさばったり、重かったりで

持ち運びには不便なんですよね!

満員電車ではとても読むのはむずかしいですよね?

そんな悩みを解決します!

無料登録!!

キンドルの電子書籍出版代行なら「パブフル」

たまに電車とかでスマホで漫画や小説を読んでる人を見たことありませんか?

実はこれなんです!

ページをペラペラめくる時代はもう遅い!

今の時代はスマホの画面をスクロールするだけで好きな本が読めるんです!!

【DMM.com 電子書籍】
なら豊富な品揃えその数25万!

あなたの好きな本もきっと見つかるはず!

さあ、あなたも新時代の読者になりましょう!

いつでもどこでも漫画が読める!!【DMM.com 電子書籍】

 

こちらも主に漫画を取り扱っています!

↓こちらは漫画かつ音楽も取り扱ってます!

【ひかりTVブック月額プラン】



紙の本 vs 電子書籍 – どちらが読書に向いている?

徹底比較 : 紙の本 vs 電子書籍

電子書籍が世界的に大人気となる始まりとなった2007年のKindleの登場から既に10年以上 、 2012年の日本上陸から5年です 。 最近は、スマホでマンガを楽しむ人が激増しています 。 日本の本好きの間でも 、 電子書籍は読書のメディアとして受け入れられつつあると言えます.

 

そして最近では 、 2016年8月の読み放題サービスのKindle Unlimitedも登場からも1年が経過し  , 15万タイトル以上が月額980円で定額読み放題です。本好きにはますます魅力的な読書の機会が増えているのです 。

しかし一方では 、 紙の本が読書の中心的存在であることに変わりありません 。 「 紙の本でなければ本ではない 」 や 「 やっぱり紙の本 」 という声も根強く聞こえてきます。

一体、どちらのほうが読書に向いているのでしょう?

電子書籍がキンドルストアなどで始まった当初は、専用の電子書籍リーダーやタブレット端末がなければ電子書籍派読めないといった印象があったような気がします。

このため、電子書籍派何か特別なもの、オタクが飛びつくものといった雰囲気があったかもしれません。

筆者は米国アマゾンでKindleが始まった頃からのKindleユーザーです。当時、英語の本をアメリカから取り寄せるよりも、配送料もかからず早く割安に手に入るのが大きな理由でした。それが、日本でKindleが始まって以来、電子書籍によって読書の量が一気に増えました。

人生の大きな転機にさしかかり、これからの方向を見失っている時にふと一冊の本が目に止まりました。そして、肌身離さず持ち歩いているスマホで、大好きなジャンルの長編小説を位置や場所を問わず読みふけりました。そしてこのスマホ読書の体験をきっかけに、電子書籍への考え方が一変したのです。

誰もが本という存在と、本を読む時間について独自のプライベートな感覚や意見を持っています。これは、電子書籍という全く新しい本読み方が選択肢に加わって大きな議論を巻き起こしています。

紙の本と電子書籍。いったい何が違うのか。今回、改めて比較してみました。

紙の本の利点

まず最初に、紙の本が電子書籍よりも優れている点です。

  1. 子供の頃から、使い慣れている私たちは小さな子供の頃から絵本や小学校の教科書に始まって、大学のテキストや医師や弁護士、その他士業の専門書まで、本といえば紙で出来た本だと教えられてきました。大きくなるまで学校では紙の本で鍛えられてきています。それ以外の本では勉強した気になりません。これは、多くの人の人生で一番大きなイベントの一つ、受験勉強を取ってみても分かります。私が住んでいる周りの公共図書館の勉強室やはやりのコーヒーショップでは、受験勉強や資格試験の勉強をしている人を数多くみかけます。しかし、電子書籍で受験勉強をしている人は、未だかつて見たことがありません。
  2. コンパクトで持ち運びに向いている文庫本や新書など、読むために進化してきた本は、持ち運びに便利です。かばんやハンドバッグに入れて、すぐに取り出して読むことができます。
  3. 質感、読み進んだ場所が物理的に分かる縦書の本であれば、右綴じの本を右から左に向かって読み進みます。横書きであればこの逆です。紙の本を読み進めば、読み進んだ量は見開きの厚さが教えてくれます。新品の本であれば、独特の匂いがして本を読んでいるという実感がわきます。からだの五感が本を覚えていると言えます。
  4. 紙の本のほうが記憶に残りやすいこれは、紙の本と電子書籍の両方を読んでいる人は、なんとなく感じていることです。ノルウェーの大学の研究によれば、紙の本と電子書籍を読んで、内容を記憶しているかどうかを調査したところ、紙の本のほうが良かったという結果が出ています。(電子書籍より紙の本で読んだほうが、内容をよく記憶できる:研究結果

紙の本の欠点とは?

これまで慣れ親しんできた紙の本ですが、万能というわけではありません。その欠点も考えてみる必要があります。

  1. 木を切らないと作れないまず何よりも、紙の本を作るには木を切らないといけません。世界の原産地では、森林の伐採と自然破壊が大問題となっているのもよく知られた事実です。その中で、新聞、雑誌、紙の本など、自分の楽しみのために森林が激減しているのです。(地球温暖化白書
  2. デジタル処理されたものを、実物に作るのに費用がかかる木から紙を作り、製本するには少なからずの費用がかかります。また、多くの場合は、少なくとも数千冊という単位で製本され、倉庫に保管され本屋さんへとトラックで運ばれます。本屋さんでは、人件費、賃貸料、照明などの費用などなどがかかります。ですから、こういったコストを回収するためには、数が売れない本は本屋さんには置いてもらえません。一定の時間が経過した売れ残りは、出版社や取次と呼ばれる中間業者の倉庫に返品されます。また、せっかく出した本も増版されず絶版となり、売れ残った本は最終的には廃品回収されます。紙の本がいかに贅沢かが分かります。
  3. 物質的な制約紙の本は、意外と重いのというのも欠点です。数冊鞄に入れれば、ずっしりと重く場所も取られます。このため、持ち運べる数が限られます。また、汚したり、紛失したりすることもあります。古くなった蔵書を紐解くと痒くなる、あるいは虫に食われているという問題もあります。
  4. 人気がなければ絶版となり、あとから読むのに苦労することがある紙の本は、少なくとも数千冊単位で印刷され取次と呼ばれる流通業者を通して全国の書店に配送されます。とは言っても、どの書店に並ぶかなどは流通側で決めるので必ず地元の書店で本が見つかるわけではありません。また、平積みされた本も売れなければほとんどが返品されて、一部が書棚に並びます。それでも売れない本は倉庫に積まれ、やがて裁断されて再利用のために回収されます。こうなると、それ以降は物理的には存在しないため、在庫の検索や図書館で探すことになります。また、絶版となったものは再度出版される事はほとんどありません。
  5. コンテンツをデジタル処理できない。何よりも一番大きな欠点は、紙の本はデジタル処理ができないということです。もちろん、ネット上で書籍を検索したり、図書情報を検索したりできます。しかし、これは書誌と呼ばれる書籍名、著者名、書籍の番号など、一部に限られます。アマゾンで検索できるのも、これと販売ページに書いてあることだけです。アンダーラインを引いたり、マーカーでハイライトした部分など、自分で写し書きするしかありません。また、本の中にあるURL(ホームページやサイトのページヘのリンク)をクリックして開くこともできません。これはインターネット時代の情報へのアクセス上、非常に困ることです。
  6. 紙の本は定価が当たり前本屋さんで本が定価で売られているのは、戦後まもなく出版業を守るために例外として決められた独占禁止法の特例があるためです。このため、規制緩和やインターネットが広まっても、引き続き本と本屋さんは価格の競争から守られてきました。(独禁法の特例)2000年ころの規制緩和の議論の中で、この問題は棚上げにされ継続的に検討するとされましたが、現在でもそのままです。(再販適用除外制度の見直し – 公正取引委員会

DMM.com 電子書籍】
なら豊富な品揃えその数25万!

あなたの好きな本もきっと見つかるはず!

さあ、あなたも新時代の読者になりましょう!

いつでもどこでも漫画が読める!!【DMM.com 電子書籍】

 

こちらも主に漫画を取り扱っています!

↓こちらは漫画かつ音楽も取り扱ってます!

【ひかりTVブック月額プラン】



では、電子書籍の利点とは?

この100年以上にわたって慣れ親しんできた紙の本に、電子書籍という新しい選択肢が加わりました。電子書籍自体は、パソコンが普及し始めた頃から騒がれていたので決して新しいものではありません。(電子書籍の歴史

それが、2012年アマゾンが日本でKindleと呼ばれる電子書籍の書店をオンラインで始めたところで大きく変わりました。(【速報】アマゾン、キンドルついに日本で開始)また、ここ数年のスマホやタブレット端末の普及で一気に身近になってきました。

毎日、いつでもどこでも持ち歩き、Lineやゲームをしているスマホで今すぐ本を読むことができるのです。当初はアマゾンを黒船襲来と呼び騒いでいた出版社が続々と参戦しています。出版部数も飛躍的に増えて、一部の物好きだけのものが、今どんどんと広まってきています。

では、この電子書籍という代物、いったいどんな点が優れているのでしょう?

  1. スマホやタブレット端末で、いつでもどこでもすぐに読める今やスマホは一人に一台。小中学生でも持ち歩く時代になりました。本はなくても、スマホは必ず持ち歩いています。本をベッドの中まで持って入らなくても、スマホは手放せない人のほうが圧倒的に多いです。新聞や雑誌の販売部数は、インターネットの普及とともに減少してきました。本も同じです。(本や雑誌の部数の推移)文章を読むという行為が、紙の上から画面(ディスプレイ)に置き換わり、スマホがこれを一気に加速させています。通勤電車や病院の待合室で新聞や雑誌を読む人が激減し、スマホに夢中の人に置き換わったのです。手元のスマホから簡単な操作でダウンロードし、いつでもどこでも、その場ですぐに大好きな本を読み始めることができます。また、夜中の真っ暗なベッドの中で読書を楽しむことさえできます。
  2. 物質的な制約がない電子書籍は、紙を必要としません。デジタルな信号をスマホなどの画面に表示します。ですから、重さも厚さも場所も取りません。何千冊でもダウンロードし手持ち歩き、すぐに読むことができます。また、スマホであれば何十万冊という中から、時間や場所に関係なく、すぐに購入して読み始めることができます。これは、アップルがiPodという音楽プレーヤーを世に出した時と似た状態と言えます。iPodの出現で何全曲という音楽を持ち歩き、いつでもどこでも音楽を楽しめるようになりました。これをきっかけに、音楽を聞くという習慣自体が変わりました。(音楽業界、出版業界、新聞業界で起こる地殻変動)その後、CDを見ることは少なくなり、レコード屋さんも見かけなくなりました。今やiPodの音楽プレーヤーとしての機能は、スマホ機能の一部となってしまいました。電子書籍もスマホの無料アプリで、簡単に読むことができます。(Kindle読書アプリ)また、重版として印刷されないために在庫切れとなることも、人気がないからと言って絶版となることもありません。
  3. デジタル処理だけで、追加費用無しですぐに作り広く長く流通できるここ20年ほどのパソコンとMacの普及で、出版もデジタル化されてきました。(電子化する書物と文学作品 ―電子納本制度への道筋― 湯浅俊彦 )しかし、最後の流通の部分は、新聞、雑誌、書籍を問わず紙に印刷していました。最後の部分で、とても大きなコストがかかっていたのです。パソコンの登場で少しずつ変化していたものが、スマホの普及で一気に変わろうとしています。デジタルで作ってデジタルで流通する、そしてスマホなどのディスプレイで読むのが一般的になります。何よりも、読む人が紙で読まないのですから、電子化して流通するしかありません。しかも、クリス・アンダーソンがロングテールフリーという言葉でインターネット時代がもたらした変革を解説したように、デジタル化されたものは限りなく無料に近づいていきます。これが、独禁法の特例以外に電子書籍が無料で販売されるもう一つの理由です。
  4. デジタル特有の処理ができるデジタルであるため、本の重要な箇所にハイライトやメモを追加したり、引用のために本の一部をテキストに書き出すこともできます。これ以外にも読書や読者が情報処理するための機能が満載です。国語や外国語の無料の辞書機能、翻訳機能、本のコンテンツや語句に関連した情報をインターネット上と関連付けて呼び出す機能など、様々な読書をさらに楽しむ機能がたくさんあります。本の全文検索や多数の本を同時にクロス検索することもできます。世界中の書店から検索して本を買い、すぐに読むこともできます。このネット時代に、紙の本と電子書籍には、圧倒的なスピードと情報処理の差があるのです。何よりも、スマホで無料で読めないコンテンツが、あなたの目にとまる機会が減るのは、とても自然なお話だとは思いませんか?また、紙の本よりも記憶の点で劣るのも大きな欠点ではありません。幼少期からトコトン教育された世代にとって、紙の本が記憶に向いているのは当然です。しかし、紙の本はデジタルな情報処理では圧倒的に不利です。近年 、 教育が記憶から創造性へとシフトしています。また、仕事もデジタルな情報処理が求められています 。紙の本は、もともとデジタルでできた本の原稿を紙に印刷します。それをマーカーをしたものやメモを紙に書いて、それをパソコンで打ち込んでデジタル処理しなければいけません。また 、 今では毎日の生活に当然となったネット検索。本の中身が全文検索できないのは 、 不自然だけでなく非常に非効率だと思いませんか?これからの時代の創造的な教育や仕事には、ほとんど無理に近いと言えます 。
  5. 紙の本よりも圧倒的に安い紙の本の欠点で説明したように 、 紙に印刷して書店で売るにはものすごいコストがかかります 。 これが 、 出版業界が独占禁止法の特例で保護してもらい定価で本を売る理由です。電子書籍は、この特例の対象ではありません 。 (電子書籍は,著作物再販適用除外制度の対象となりますか。)ですから、出版社も個人でアマゾンで本を出版している人も、自由に価格を設定できます。同じ書籍でも、紙の本より電子書籍のほうが安いのは常識となりました。定価の紙の本が、あえて電子書籍で無料で販売されることも少なくありません。無料や割引価格のキャンペーン、日替わりや月替りのタイムセールも常に行われています。これは、今後の圧倒的な差となって現れてきます。
  6. 読み放題という本好きにはたまらない選択肢が加わったここ数年でKindle Unlimitedやdマガジンなど読み放題サービスがほんの選択肢に加わりました。この読み放題サービスの登場は、本の存在価値に大きな変化をもたらす可能性があります。AmazonのKindle Unlimitedでは、15万冊以上のタイトル(Kindle Unlimitedサービス開始から11カ月経ったので、ラインアップをジャンル別・出版社別に時系列で比較してみた)から自由に選んで「その場」で「今すぐに」本を楽しむことができます。これらの登場で、月額課金に加入しさえすれば、登録されたリストから何冊読んでも追加コストの心配なく思う存分に読むことができます。本屋に出向いたり、オンラインで買って宅配便を待つことから開放され、いま歩で選んでタップするだけで、すぐに読み始めることができます。この気軽に読める点は非常に大きなメリットです。
  7. 非常に多くの電子書籍が常に出版されている電子書籍は、現在紙の本を上回る勢いで出版部数が伸びています。これには、過去に絶版となった本を電子書籍で販売する例や、非常に多くの個人が本をアマゾンから直接出版できるようになったためです。このまま行けば、紙の本を圧倒的に上回るようになる日も近いと考えられます。
  8. 本を読むために、場所や時間、身構える必要がない電子書籍は、スマホ、タブレット端末、読みやすさや機能にこだわった電子書籍専用のリーダー端末、パソコンなど、身近にあるあらゆる画面で読書を楽しむことができます。文字の大きさ、画面の大きさ、明るさ、背景色を読みやすく設定できます。これは、読み手にとって非常に好都合です。視力が弱ければ文字を大きくできますし、夜暗いベッドの中で明るさを調整して読書を楽しむこともできます。
  9. 瞬時にコンテンツ内を検索・移動したり、速読に向いている一旦電子書籍とそのリーダー端末やアプリの操作方法に慣れると、単一の書籍だけでなく、複数の書籍館を検索・移動したり、紙の本のようにページをめくる必要もなく、速読しながら瞬時に移動できるようになります。これにより、読書のスピードが格段に上がり、情報処理の効果効率が飛躍的にアップします。

DMM.com 電子書籍】
なら豊富な品揃えその数25万!

あなたの好きな本もきっと見つかるはず!

さあ、あなたも新時代の読者になりましょう!

いつでもどこでも漫画が読める!!【DMM.com 電子書籍】

 

こちらも主に漫画を取り扱っています!

↓こちらは漫画かつ音楽も取り扱ってます!

【ひかりTVブック月額プラン】



電子書籍の欠点

そうは言っても、電子書籍に欠点があるのも事実です。それをリストすると次のようになります。

  1. 紙の本ではない電子書籍は紙の本ではない、というのは非常に大きな欠点です。これには、次のような点が挙げられます。
    • 一枚一枚めくる動作
    • 見開きの左右の厚みで読書の進み具合が一目瞭然
    • 新品の本を開いた時の何とも言えない記憶に残る紙の匂い
    • 重くてずっしり、手にした感触から得られる満足感
    • 様々な色のマーカーでハイライトする独自の勉強方法

    紙ではないのですから、諦めるしか無いのかもしれません。これは、音楽好きのマニアが、今でもLPレコードをダイヤモンドの針と真空管のプレーヤーで聞いているのと似ているのかもしれません。

  2. ディスプレイによっては読みづらいこれは、パソコンの時代から言われてきたことです。スマホもタブレット端末も、LEDディスプレィにバックライトの組み合わせでは、画面の反射もあって目が疲れやすくなります。これらは、長時間の読書には向いていません。この一方で、Kindle端末など、電子書籍専用のリーダー端末ではEインクとよばれる紙の印刷と同じような技術で画面表示することができます。これがあれば、目にやさしい画面で長時間な読書を心いくまで楽しむことができます。この点に関しては、拙著「Kindleで人生2度目の読書三昧: 素晴らしい読書体験が手に入る!」で詳しく説明しています。
  3. とにかく違和感がある何と言われようと「紙の本でなければ本ではない。」という人が多いのは事実です。これは、子供の頃からの教育の賜物です。しかし、そういう人の多くは、スマホでヤフーやグノシーのニュースを毎日読んでいます。そのコンテンツと言えば、雑誌社や新聞社が書いた記事、それに個人が書いたブログ記事や2ちゃんねるのやりとりも楽しんでいます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今やKindleなどの電子書籍が続々と出版物として登場しています。これまでの違和感がある、紙の本でなければ本ではない、読みづらい、一部のオタクのもの、といった状況が大きく変わりつつあります。

新しいテクノロジーや製品が一気に普及期に入るときには、圧倒的な価格差とそれまでとは全く違う利便性が必ずあります。

スマホなどですぐに読める」「フリーの時代に合った無料や割引価格」「デジタル機能で便利」などの特徴が益々多くの人の目に止まり、ファンが増えています。また、本の著者や出版社も無料や割引キャンペーンなどをうまく活用することが受け入れられるようになり、紙の本とは全く違った価格体系とマーケティングが始まっています。

本を読むとは、いつも使い慣れたスマホやタブレットでタップして、サクサクとページをめくることと同じになりそうな予感がします。少なくとも、朝届く新聞の代わりに通勤電車でYAHOO!アプリでニュースを読んでいるわけですから。

紙の本以外は本を読まないという人は、近年ではガラケーと呼ばれる携帯電話がスマホに置き換わったように、時代から取り残される運命に有るのかもしれません。

あなたはどう思いますか?紙の本と電子書籍、どちらのほうが優れていると思いますか?

是非、下のコメント欄にお気軽にあなたのご意見をお寄せ下さい!


以上「読書(電子書籍)もネットで読める!」を紹介しました!

さあ、あなたも新時代の読者になりましょう!

DMM.com 電子書籍】
なら豊富な品揃えその数25万!

あなたの好きな本もきっと見つかるはず!

さあ、あなたも新時代の読者になりましょう!

いつでもどこでも漫画が読める!!【DMM.com 電子書籍】

 

こちらも主に漫画を取り扱っています!

↓こちらは漫画かつ音楽も取り扱ってます!

【ひかりTVブック月額プラン】


 

自分で本を出版したい方はこちら

キンドルの電子書籍出版代行なら「パブフル」

関連記事

  1. FX

    世界に騙されている、世界は嘘をついている、そして自覚できている人は少ない事実

    世界は嘘をついていますそして、多くの人間が世界に騙され…

  2. ブログで稼ぐ

    副業 !ブログで稼ぐ!コンセプトを絞る編!

     副業 !ブログで稼ぐ !コンセプトを絞る編 !副業 としてブログを…

  3. ブログで稼ぐ

    副業 !ブログで稼ぐ!記事を書こう編!

     副業 !ブログで稼ぐ!記事を書こう編!副業 でブログを始める方に今…

  4. 読書

    無料キャンペーン!稼ぐ社長の本棚にある本 !!!

    無料キャンペーン! 稼ぐ 社長の本棚にある本 !!!実は、、、いつも…

  5. ブログで稼ぐ

    副業 アフィリエイト報酬の種類を解説!

     副業 アフィリエイト報酬の種類を解説 !副業 でアフィリエイトを始…

  6. 仮想通貨

    せどり情報 仮想通貨腕時計!!!

    今回はせどり情報をお届けします!今回の商品は限定販売される…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメキャンペーン!

カテゴリー

訪問者

  • 4688総訪問者数:
  • 9今日の訪問者数:

Facebook

無料で本を手に入れる!!!


友だち追加

  1. 仮想通貨

    米カリフォルニアにあるバークレー市ICO導入!
  2. 考え方

    心理トリガーとは?
  3. 副業

    公務員 副業 チャットレディーで稼ぐ!!!
  4. 副業

    公務員副業解禁!?【働き方改革】
  5. ダイエット

    ダイエットしよう!
PAGE TOP