ブログで稼ぐ

ブログで稼ぐ!ASPへ登録編!

ブログで稼ぐ!ASPへ登録編!

ASP登録はブログ収益に繋がる第一歩!

本来はもっと記事作成に没頭して、コピーライティングのスキル向上に励みたいところなのですが、私達の目的はブログで稼ぐ事です!

ブログで稼ぐシリーズでは、いよいよブログの収益源となるASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)への登録を進めていきたいと思います!

「目指す稼ぎ方がブログアフィリエイトではない」と言う方もASPへの登録は必須です!
記事内容がアフィリエイト広告を紹介するものでないにしても、サイドバーや記事の終わりなどへ関連する広告を添付することは有効です!
アフィリエイトがメインの稼ぎ方ではないにしても、収入が得れる可能性があるものは全て取りこぼしがないようにしましょう!


管理人おすすめのASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)

当ブログを最初から閲読頂いた方は、で国内最大級のASPであるA8.netへは既に登録済だと思います!

A8.netの大きな特徴は登録に際し審査がなく、WEBサイトを所有していなくても会員になれることです!

しかし、ASPへの登録は一般的にブログやホームページなどのWEBサイトを開設していなければできません!更に記事数は最低でも10記事以上の掲載がないと審査を通らない可能性があるのです!

私の場合、アフィリエイトの広告掲載は8割方A8.netを利用しているのですが、掲載できる広告のバリエーションを増やしたり、報酬単価を比較したりする為にも、利用するしないに拘らず複数のASPへ登録しています!

また、物販アフィリエイトだけでなく、情報商材アフィリエイトやコンテンツマッチ型のASPへも登録を完了させておいた方が良いでしょう!


物販アフィリエイト

A8.net(エーハチ・ネット)

(A8は物販のみならず不動産や求人などとても幅広く扱っているのでブログを書いているなら誰でも登録は必須です)

バリューコマース

JANet(ジャネット)
http://draft.j-a-net.jp/banner/NEXT


情報商材アフィリエイト

infotop(インフォトップ)

インフォカート


コンテンツマッチ型アフィリエイト

楽天アフィリエイト


以上、『ブログで稼ぐ!ASPへ登録編!』を紹介しました!
登録後、テキストやバナーの掲載方法は各ASPで詳しくレクチャーしていますので初心者でも簡単です!
ASPへの登録は全て無料(審査はありますが)ですから、いつでもブログへ掲載できる準備を整えておきましょう!

WordPressを使うならロリポップ!
簡単インストール完備で楽々スタート!



 

ピックアップ記事

  1. 超高性能Bit-AI を活用して副業!大金を簡単に手に入れる方法を紹介します!

関連記事

  1. ブログで稼ぐ

    力強い広告の作り方3つのコツ!簡単解説!

    力強い 広告 の作り方!簡単解説!パワーアップのコ…

  2. ブログで稼ぐ

    副業 !ブログで稼ぐ!記事の魅力UP編!

     副業 !ブログで稼ぐ ! 記事の魅力 U P 編 !副業 でブログ…

  3. ブログで稼ぐ

    副業 アフィリエイトで稼ぐには!?

    副業 アフィリエイトで 稼ぐには ! ?副業 として ア フ ィ…

  4. ブログで稼ぐ

    副業 アフィリエイト報酬の種類を解説!

     副業 アフィリエイト報酬の種類を解説 !副業 でアフィリエイトを始…

  5. ブログで稼ぐ

    副業 !ブログで稼ぐ!プロフィールを書こう編!

     副業 !ブログで稼ぐ!プロフィールを書こう編!副業 としてブログを…

  6. ブログで稼ぐ

    ASP ( アフィリエイト ・ サービス・プロバイダ ) を比較!!!

    ASP (アフィリエイト・サービス・プロバイダ )を比較オススメ A…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメキャンペーン!

カテゴリー

訪問者

  • 16009総訪問者数:
  • 5今日の訪問者数:

Facebook

無料で本を手に入れる!!!


友だち追加

  1. 公務員

    滋賀県警 巡査の新生活の末路→上司に対して殺人を犯す
  2. ブログで稼ぐ

    アフィリエイト!季節・イベント関連の商品を商材にする!
  3. 考え方

    脱公務員 が語る 時間術 ! 一番大切なことは何か?
  4. 仮想通貨

    スターバックスも独自仮想通貨発行か!?
  5. 仮想通貨

    ロシアのプーチン大統領「ブロックチェーン技術は今後絶対に必要になる」
PAGE TOP