公務員

公務員 の メリット デメリット元公務員だから言えること!

公務員 の メリット デメリット元公務員だから言えること!

公務員だった私がメリットデメリット似ついて解説していきたいと思います!

公務員と言えどメリット、デメリットはありますが

人気の理由は何と言っても食いっぱぐれがないこと!!

例え、国が破たんをしてもある程度の保証はされます。

それが民間企業だと、完全に失業者!!

なかには公務員として働く人を

独断と偏見で「公務員は楽で給料がいい」

とか言う人もいると思いますので、

メリット、デメリットを1からご紹介します。

 公務員 の楽な仕事とはいったい?

超高齢化社会の日本の現在

不安定なこの時代で、潰れない、安定した給料が支払われる

「公務員」が子供たちの将来なりたい職業に入るようになり

子供たちの親も堅実な選択と考えられています。

公務員は営利目的のビジネスではないので

売上や景気に左右されず、

「公務員棒給表」に従い、学歴や勤続年数

役職によって決まった額が支払われます。

その為、「楽な仕事」と言われるのでしょう。

医療職や公安職など当てはまらない職種もありますが

多くの人が望む「楽な仕事」といわれる2つの側面が下記の通りです。

【肉体的に楽な面】
・残業がない(勤務際により異なる)

・夜勤がない(勤務先により異なる)
・肉体労働がない(自衛隊などは例外)
・命の危険がない(自衛隊などは例外)
・休みがカレンダー通り(勤務先により異なる)
・厳しいノルマがない
・有給が使いやすい

【精神的に楽な面】
・残業代がしっかり支払われる
・遠方への転勤がない(国家公務員の場合は全国転勤もある)
・将来失業する不安がない
・社内で競争がない
・充実した福利厚生
・比較的円満な人間関係
・安定した給料

上記からも、公務員は「楽」といわれるポイントを押さえています。

また、定年後も天下り先があるという点が他の一般企業とは違い、

同時に未来への不安が1つなくなるのです。

公務員には主に

国家公務員、地方公務員、その他専門職の

3つの区分があります。

国家公務員の多くは全国各地の地方支分部局などの出先機関や付属機関で働いており

中央官庁である本省や本庁に勤めているのは4%と少ないのが現状です

 

国家公務員の仕事は国に関わる仕事で国家総合職と国家一般職

はそれぞれ違いがありますが

基本的には配属されるその省庁内での異動のみになるため

その道のプロになることができます。

地方公務員は、ほとんどが都道府県庁、市役所、区役所、政令都市などで働いています。

また、多くの自治体で数年ごとに異動があり

タイプが違う仕事をすることができます。

公務員は都道府県などの地方自治体に採用されますが

市町村などで働くことになった場合は転勤といっても遠くても

市内の短距離移動なので住居変更せずに済むので助かります。

その他専門職では自分の好きだったり得意なことを仕事に活かせることが出来ます。

国税専門官、裁判所職員、労働基準監督署など色々あります。

一定年数働くことで国家資格(税理士資格)などを取得できる場合もあり

その分野の専門家として一生を通して活躍も可能です。

充実した福利厚生や時間短縮があり

働く時間もはっきりしており予定が組みやすく安心して仕事ができるため

結婚や出産を経て子供が居るけど働きたい女性でも長く続けられるの職業と言えます。

公務員は子供が将来なりたい職業ランキングでは

なんと10位以内に入るほど人気になっています。

 公務員 になるメリット

まず、やはり公務員になるメリットは給料が安定していることだと思います。
企業ですと、残業代が全てつけれなかったりしますが

公務員は原則つけられます。だだし

残業代の予算があって

そこを超えてしまうとつかないこともあるようです

私の場合は部署により支払われないこともありました

そして、部署にもよりますが、定時で帰れることも多いです

毎週○曜日はノー残業デーというものがあり

その日はほぼ確実に定時で帰れるというのは

民間企業にはない良いところの一つです。
民間企業でも実施しているところがありますが

公務員は、ノー残業テーをかなり徹底しているので

その日は定時で帰れることは間違いないです。

もう一つのメリットは、地方公務員の場合

転居を伴う異動がほとんどないということです
ごく稀に、他の団体等に出向がありますが

ほとんどありませんし、転居を伴わないことが多いです

実は、転居を伴わないということは

将来設計を立てやすいため、一軒家も買いやすく

こんなに良いことはないと思います。

(ただし国家公務員の場合は全国転勤があります)

民間企業では、よく家を買った途端に

転居を伴う異動の辞令をもらうことも珍しくないですので

そう考えると将来設計を立てやすいということの意味がよくわかると思います。

さらに、女性公務員の方にとっては

仕事を続けやすいということがよいのではないでしょうか

産休、育休制度が充実していますので

職場復帰しやすいですし

復帰した後の夫婦共働きによるダブルインカムは

生活の質を非常に良いものにしてくれるはずです。
また、実家が近くだと

両親に子どものお世話をお願いすることだってできるのです。

リスク分散という点でも、共働きはオススメです。
このご時世、うつ病を患っている人も多いですので

いつ働けなくなるのかわかりません

どちらかが倒れたとしても

パートナーと助け合って、生きていくことができます。

 公務員 のデメリット

自動車の速度超過30キロで

減給処分を食らいます

何か違反するごとに

部署に報告されてしまいます

公務員は信頼が厚いメリットがありますから

社会的に違反すると

すぐにメディアに取り上げられたりします

 

給与が徐々に低くなっている

 

公務員というと、給与が高いというイメージが強いでしょうが、

現状はそうではありません。

 

 

公務員の給与は徐々に減っているのです。

 

 

 

地方公務員給与実態調査

(平成25年)によれば、

 

 

一般行政職の年収は、

ここ10年で-78万5,000円

 

教育職も、10年で

-103万6,000円

 

警察職に至っては

10年で-148万7,000円と、

 

 

かなり下落しています。

 

 

また、昇給に関しても現状は厳しく、

 

「公務員は年齢とともに給与も上がっていく」

という考えはもはや通用しません。

 

20代で就職したけれど、

30代になっても給与は平行線状態

というのが今は当たり前

 

 

確かに、「給与が安定している」

ということに間違いはないのですが、

 

上がりもせず下がりもせず、低いところで安定している

というのが実態ですね。

 

 

実際に、家庭や子どもを持って生活するのが厳しく、

共働きをしなければならない人が多いようです。

 


ブラック並みに忙しい部署

県職員の本庁勤務や、国家公務員など、

勤務する部署によってはブラック企業並みに

辛い仕事の場合があります。

 

 

特に国家公務員の激務は問題になっています

 

 

東京・霞が関の中央官庁に勤める

約4万5,000人の国家公務員が、

年間に総額132億円の

サービス残業をしている

 

との試算が発表されているほどです。

(霞が関国家公務員労働組合共闘会議が発表。)

 

 

 

中央官庁に入庁しようものなら、ただ忙しいだけではなく、

20代から責任の重い仕事を一人で任されることもあるようです。

 

 

 

いずれにせよ、

 

長時間労働が当たり前になっている職業の一つとして、

「国家公務員」がよく挙げられる

私の経験から

国家公務員はあまりオススメできません

サービス残業もあり

全国転勤もあります

ということは、事実として

認識しておかなければなりません。


理想とのギャップ

 

激務を強いられる職場に配属にならなかったらいいのかというと、

そうでもありません。

 

楽な部署に行ったとしても、

 

「どう時間を使っていいのかわからない」

というのは苦痛になります。

 

 

何をしていいかわからない状態で

職場にいなければならない

というのは、

公務員でなくても辛いですよね。

 

 

特に、

勉強を頑張って公務員になった人が、

勤務中に時間を持て余すような職場に

いなければならないとなると、

 

「せっかく公務員になったのに、世の中の役に立てていない」

 

 

という虚しい気持ちを抱いてしまい、

 

公務員に対して持っていた高尚なイメージとのギャップに苦しむことになります。

 

こんなふうにギャップが大きいと、仕事に対するモチベーションは下がる一方ですよね。

 

 

そんな思いが原因で

公務員を辞めてしまう人もいます。

精神的にキツイ

 

市民からの風当たりが強いからこそ感じる、精神的な辛さというのもあります。

 

たとえば、一見楽そうに見える市役所の職員の場合。

 

 

基本的には事務の仕事をしていればいいのですが、

電話や窓口対応に関しては辛いことが付きものです。

 

 

市役所に来るのは、善良な市民だけではありません。

 

 

そうです、もうほとんどクレームめいた無理な要求

を持ってくる人たちも多いのです。

 

 

無理なことを無理だと言っても

むやみにどなり散らすような人も珍しくありません。

公務員が向いている人

 

営業職のように、ノルマや競争などが激しい仕事が苦手なら、

公務員は向いているかもしれません。

 

決して楽な仕事だとはいえませんが、

今回紹介したデメリットを考慮し、

 

安定した給与や社会的地位、

リストラの心配がないこと、

 

などは大きな魅力です。

 

公務員をとりまく状況は日に日に厳しくなっていますが、

 

それでも、安定がなによりもほしいという人は

公務員を目指すべきかもしれません。


以上「公務員 の メリット デメリット 」

ピックアップ記事

  1. 超高性能Bit-AI を活用して副業!大金を簡単に手に入れる方法を紹介します!

関連記事

  1. 公務員

    滋賀県警 巡査の新生活の末路→上司に対して殺人を犯す

    新生活去年4月に 滋賀県警 に配属され今年1月から彦根署に…

  2. 公務員

    転職 在宅ワーク をやりたい方必見です!

    今回紹介するのは在宅で仕事したい方向けのご案内です在宅ワー…

  3. 公務員

    どうして学校はお金や社会の事を教えてくれないのか?

    学校のあり方私の学歴は大学卒ですしかしこれを自慢するつ…

  4. 公務員

    副業 墨田病院 治験で小遣い稼ぎ 14泊の入院、3回の通院で30万貰えます!

     治験 墨田病院14泊の入院、3回の通院で30万を狙う!今回、私が…

  5. 公務員

    脱公務員 夏の副業 治験情報

    こんにちは!今回紹介するのは、治験情報 (ボランティア)で…

  6. FX

    公務員 副業 12分36秒で9万500円稼ぐ方法

    公務員 でもできる副業の方法を教えます!それはFXです…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメキャンペーン!

カテゴリー

訪問者

  • 11420総訪問者数:
  • 10今日の訪問者数:

Facebook

無料で本を手に入れる!!!


友だち追加

  1. 考え方

    根拠のない自信でも信用を得られる
  2. 考え方

    【過労注意】人生 に疲れたときは休めばいいのさ
  3. ブログで稼ぐ

    ブログで稼ぐ!ネタ切れ編!
  4. 副業

    在宅 副業 (会計事務)!!
  5. 副業

    転売情報 羽生金メダルの号外最高99999円!
PAGE TOP