考え方

仕事術 周りの人の力を借りられる成功方法!!!

今回の 仕事術 は

周りの人から力を借りる方法を教えます

進撃の巨人でいうと始祖の巨人の能力ですね!!!

始祖の巨人は無垢の巨人をの力を借りて

他のターゲットを攻撃する能力があります

そんな能力があれば

無敵ですよね?

人間もこの力を使うにはどうしたらいいか

解説していきたいと思います!

他人を本気で応援する

うまくいっている人の話を聞くと

羨ましく思ったり

なんで自分はうまくいかないんだろうかと

思うことはないでしょうか?

しかし

人生を成功させている人は

うまくいっている人の話を聞いたら

「よし!もっといけ!!」

と考えます!

プロゴルファー専門の

あるメンタルコーチが

こう言っていました

一緒にラウンドしている選手のパットを見ながら

「入れ!入れ!」

って思えないで

「入るな!入るな!」

と思う人は

自分のときにもうまくいかない

これは多くのゴルファーが言っていることである

ゴルフはメンタルのスポーツだと言われています

心のエネルギーは

自分に作用します

他人に対して

「失敗しろ」

と思っていたとしたら

その心のエネルギーは

自分にも作用します

その気持ちは自分に返ってくるのです

だから自分がうまくいきたいと思うならば

なおのこと

他人を応援する精神が必要になってくるのです

日常の仕事の中で

どんどん人を応援していきましょう!

応援することはどういうことなのかといえば

次の3つの観点から接すること

これができると

そのまま人への応援になります

1その人が自信のことを好きだと応援する

2その人が他人は信頼できると実感する

3その人が「自分は他人の役に立っている」と実感する

目の前の人の

「素敵」

だと思えるところを

「私メッセージ」

関連記事 「仕事術相手をコントロールするのではなく相手の行動力を高める2」

↑(「私メッセージの」ことに触れいる記事です)

で伝えることも応援です

約束を守り

誠実に対応することも応援です

その人がやってくれたことに対して

心から感謝してその気持ちを伝えるのも応援です

また

本人の価値観を尊重し

その価値観にそった行動をその人がしているときに

その姿をみて自分の中に良い影響を

伝える伝えるということも応援です

たとえば

「前から夢だったことを叶えるために

努力しているあなたの姿は

私に勇気を与えれくれました

ありがとうございます」

と伝えるのも、その一つです

応援のエネルギーは

直接自分に返ってくる場合もあれば

そうでない場合もあります

それでもみんなの応援のエネルギーは

私たちの住む世界を豊かにします

むしろ応援し続けることによって

自分が応援されていることにも気づくことでしょう

誰かをコントロールするのではなく

互いに応援される環境に身を置くことで

真の手助けや周りの力をいつでも

借りることができるのです

相手を巻き込む3つの方法

仕事の相手を巻き込む方法を解説していきます

まず

大前提は

自分がオープンになることです

自分の強みも弱みも受け入れて

自分一人では大したことはできないと理解しましょう

仕事のパートナーがいてくれたからこそ

自分の課題が達成することが

できる確率が上がっていくのです

そのつもりで人に接すれば

怠慢になることも

卑屈になりすぎることにもありません

共に手を組める人と

対したい

という思いが強くなります

自分がオープンになることは

相手と対等な関係を結ぶことになります

これを大前提として

「相手を巻き込む3つの方法」

これを教えます

1相手の可能性を信じる

自分もそうであるように

相手にも限界がありますが

相手は自分とつながることによって

無限の可能性を開きます

自分と組むことによって

相手も世界に対してオープンになるのです

このことに意識を向けます

相手のことを利用するような意識は持たない

どんな力を発揮してくれるか興味を持つのです

そのような意識で相手と話しながら

これまで学んできたことは何か?

実績は何か?

今の仕事を選んだ理由は何か?

どんな思い出仕事をしているのか?

将来の夢はに何か?

興味をもって聞いてみてください!

その上で良いところを探し出して

髪に書き出してみてください

2相手のやる気の元を尊重する

1では相手のことを知り始めました

さらに相手のお好きなこと

得意なことを聞いてみてください

人によって

何がやる気の素(モチベーション)

になっているのか

これは

聞いてみないとわかりません

人のやる気の素は

だいたい

3つに分類できると言われています

これは

慶応義塾大学の高橋さんの

分類を参考にさせていただきました

①上昇・達成系のやる気の素

勝ちたい、上達したい、成長したい、達成したいという欲

②人間関係のやる気の素

感謝されたい、人と仲良くなりたい、社交が大好きという欲

③プロセス志向系のやる気の素

手順を守りたい、論理的じゃないと気が済まない、プロセスにこだわる欲

多くの人はこの3つのやる気の素の

どれか一つに極端に強く

それ以外の2つはそれに比べて低いという傾向があります

欲相手と話してみないと

どんなやる気の素が強いのかわかりません

そこで

・これまでの仕事でよかったこと悪かったこと

・これまでの仕事上の人間関係について良かったこと悪かったこと

・これまで携わった業務で充実感を感じたこと

について聞いてみてください

相手が何に対して価値を見出しているのか

見えてきます

相手の

「譲れない価値観」

が見えてきたら

その価値観を大切にして下さい

3相手の関与を引き出す

相手の価値観が見えてきたところで

あなたが成し遂げたいこと

あなたが求めている分野の力

協力を求めていることなどを

伝えてみてください

そして

相手ならばどんな関わりができるか

一緒に話し合ってみましょう

相手の価値観を満たすような

関わりはできないか?

相手にとってもメリットのある点はどこか?

相手が他人事でなく

自分事に思える点はないか?

それを一緒に探してください

相手にとって

「渡り船だ!」

と思ってもらえるような

協力の仕方を相手が発見できるように

話をすすめていきましょう

そのためには

とにかく

先入観ではなく

相手の意見を聞き出すことです

相手がノリノリに成る

関わり方を引き出してみましょう

「具体的にはどの点に興味があるのか?」

「他にどんな点に関わりたい?」

「どんなことができたらワクワクするか?」

と聞いてみるといいでしょう

 

この3つのポイントを通じて

相手の自発的な関与を引き出すことができたときに

相手は巻き込まれた状態になります

そして

ここまで価値観を共有する

ステップを踏んでいるので

同時にあなたも相手の価値観を理解し

応援しようという気持ちが

生まれているはずです

そのときに

あなたも相手に巻き込まれているといえるでしょう

別々の人生を歩んできた他人同士が

縁を通じて出会い

互いの価値観を尊重しながら

目的を共有できたとき

一人では達成不能なことも

成し遂げられるようになるのです


以上「周りの人の力を借りられる成功方法!!!」でした

最後まで閲覧していただき誠にありがとうございます

関連記事 「仕事術相手をコントロールするのではなく相手の行動力を高める」

心理学が好きな人は是非1度読んでみてください!

 

 

 

ピックアップ記事

  1. 超高性能Bit-AI を活用して副業!大金を簡単に手に入れる方法を紹介します!

関連記事

  1. 考え方

    失敗は成功のもと!?

     失敗 の原因を探れば解決法は見えてくる!管理人の人生は 失敗 挫折…

  2. 考え方

    聞いた話を一言でまとめる最強方法!!!

    話を一言でまとめる ことができるととても賢くなれますでは賢くな…

  3. 考え方

    働く事が嫌になったときどうすればいいか?

    今回は 働く事が嫌 になったときにどうすればいいか?解説していきた…

  4. 考え方

    他人と違う事をやる

    他人と違う事をやるについて解説していきます信用とは「自分の…

  5. 考え方

    成功するためのアイディア術!!

    今回は 成功するためのアイディア術 を解説していきたと思います目的的…

  6. 考え方

    【暴露】 行動できない人 の特徴!!!

    今回は 行動できない人 の特徴を前回に続いて暴露していきます3つの不…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメキャンペーン!

カテゴリー

訪問者

  • 11688総訪問者数:
  • 11今日の訪問者数:

Facebook

無料で本を手に入れる!!!


友だち追加

  1. YouTube

    Youtube (ユーチューブ)を利用してお金を稼ぐ!!!
  2. 考え方

    人間関係 仕事の9割は人間関係でどうにかなる!
  3. 考え方

    聞いた話を一言でまとめる最強方法!!!
  4. 考え方

    仕事術 周りの人の力を借りられる成功方法!!!
  5. 考え方

    お金は使うもの!貯めるものではない!
PAGE TOP