雑ネタ

北朝鮮スケート選手の妨害行為に、日本人選手「故意ではない」

オリンピック終わりましたね!
今回はオリンピックにおける
北朝鮮の妨害行為について
お話ししたいと思います

北朝鮮の妨害行為

妨害行為の動画はこちらです
https://youtu.be/lWYQ6aWbDFc

2度のアクシデント(妨害行為)

妨害行為があったのは
2018年2月20日の
ショートトラック男子500メートル予選。
北朝鮮の美女応援団を背に
チョン・グァンボム(16、北朝鮮)
選手が7組でリンクに立った。
同組では、
米韓の選手とともに日本の渡辺選手も出場していました。

問題のシーンは
スタート後ほどなくして起きました。
内側1番目のチョン選手が転倒したが
その際に腕を思いきり伸ばし横にいる
渡辺選手のブレード(刃)を掴むような仕草をした。
しかし
渡辺選手の走行に影響は無かった。

最初のコーナーより前に転倒した場合は再スタートとなるため
仕切り直しに。
だが、またしても問題が起きた。
最初のコーナーでチョン
渡辺両選手は激しく接触し
コーナーを曲がりきるとチョン選手はふたたび転倒
ブレードを渡辺選手に向けた状態で派手にスライディングした。

結局、この接触行為によりチョン選手は失格
2度にわたるアクシデント(妨害)
を乗り越えた渡辺選手は
2位で準々決勝進出を決めました。

「さすがにこれはダメでしょ」

レース後
ツイッターではチョン選手の接触行為に
言及する投稿が相次ぎました
しかし

渡辺選手の神対応

どう見ても妨害行為を受けた
渡邊選手は
米ヤフー・スポーツとUSAトゥデーの取材に対し
故意の妨害ではないと疑惑を否定した。
「わざとではないと思う」と
渡邊はヤフーに語った。USAトゥデーには
「転んだとき、たまたま僕のスケートに手が当たった」
だけで「とっさのこと」だと思うと話している。

感想

渡邊選手はオリンピックに向けて
今まで頑張ってきたわけだし
その妨害行為で台無しにされてしまう
可能性だってあったはずなのに
なんでこんな発言ができるのかな?
と思いました
これは神対応なのか
神スルーなのか
逆に北朝鮮の選手は
このような妨害行為をして失格
になって今まで頑張ってきたことが
無駄になるのに
なんでこんなことができるのかな?
と思いました
これが北朝鮮の価値観なのでしょうか?
チョン選手は何しにオリンピックにたのだろうか?

今回ロシアはドーピング違反で
OARという形で出場していましたが
このような妨害行為も考慮に入れて
北朝鮮のオリンピック出場の権利を
無くして欲しいと思います


以上「北朝鮮スケート選手の妨害行為に、日本人選手「故意ではない」」でした

関連記事「転売情報 羽生金メダルの号外最高99999円!」

関連記事

  1. 雑ネタ

    SNSで狙われる 闇のネットワークビジネスの世界

    ネットワークビジネスと呼ばれる契約の勧誘を知っていますか?…

  2. 雑ネタ

    情報収集ブルームバーク

    情報収集ブルームバーク今回 は 私が 経済 の情報 を 入手 したい…

  3. 雑ネタ

    コーヒーのメリットデメリット

    コーヒー の メリット デメリットこの 記事 は "コーヒー" を …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメキャンペーン!

カテゴリー

訪問者

  • 3965総訪問者数:
  • 5今日の訪問者数:

Facebook

無料で本を手に入れる!!!


友だち追加

  1. 考え方

    キーワード は情報の知のアンテナである!!!
  2. ブログで稼ぐ

    アフィリエイトの適正検査!あなたは向いている!?
  3. 考え方

    成功方法 「自分で考える自分」では社会的に通用しない!
  4. 仮想通貨

    2月26日(月)の価格上昇仮想通貨2つ(BCD・AGI) 理由を考察
  5. FX

    公務員 副業 短期的FX 検討中です!
PAGE TOP