仮想通貨

ブロックチェーンを簡単解説します

金融とテクノロジーを掛け合わせた
「フィンテック」が
日本でも注目を集めています。
その代表例の1つに
ビットコインを始めとする
「仮想通貨」があります。

その「仮想通貨」が
通貨として機能し
サービスが成り立つ上で
非常に重要な技術と言われているのが
「ブロックチェーン」です。

メディアを通して頻繁に
耳にすることが増えた
「ブロックチェーン」ですが
具体的にどのような技術なのでしょうか。

今回は
ブロックチェーンの基礎知識と
仮想通貨で活用される際の
メリットと今後の課題をご紹介します。

ブロックチェーンとは?

「ブロックチェーン」とは
簡単に言えば
ビットコインの中核となる
「取引データ」技術のことを指します。
取引のデータ(履歴)を
「トランザクション」と呼び
そして、複数のトランザクションをまとめたものを
「ブロック」と言います。
このブロックが連なるように保存された状態が「ブロックチェーン」です。

ブロックチェーンは
分散して管理されるのが特徴で
ビットコインを
利用しているあらゆる
ユーザーのコンピューターに
保存されます。
銀行のような特定の
管理機関がないため
権限が一箇所に
集中することはありません。

そのためシステム障害に強く
かつ低コストで
金融サービスが運用できると
期待されています。

ブロックチェーンの基本的な仕組み

「分散」して ユーザー 同士が管理し合うシステム

ブロックチェーンは
「分散」しており
ユーザー 同士が管理しています。
この形式を
「P2P(ピアツーピア)方式」
といい
「分散型取引台帳」
とも呼ばれています。
金融機関を介さず
ユーザー 同士で
システムを管理しあう
構造になっています。

ブロックチェーンは
複数のコンピューターで
分散して管理されているため
ビットコインの取引ごとの
リアルタイム更新には対応できません。
なので
10分単位でまとめて
承認作業が行われるという
特徴があります。

「ブロック」はハッシュ関数で暗号化される

取引データ(履歴)である
「トランザクション」には
「何月何日にAからBへ○○BTCを送金した」
という内容のデータが記録され
「ブロック」になります。
このデータはオープン化されているため
誰でも確認することができます。
しかし
トランザクションの
「具体的な取引内容」は
ハッシュ関数によって
「暗号化」されるという
特徴があります。

ハッシュ関数とは
元となるデータから
一定の文字数の不規則な文字列
(ハッシュ値)を
生成する関数です。
同一のデータであれば
同じハッシュ値が生成されますが
少しでも異なれば全く異なる
ハッシュ値が生成されます。
また、生成された文字列から
元のデータを読み取ることができない
「不可逆性」を持っているのが特徴です。

ブロックデータには
ハッシュ関数によって暗号化された
トランザクションと
直前のブロックデータのハッシュ値が
含まれています。
直前のハッシュ値と
「ナンス値」という特別な
数字を見つけ出すことにより
整合性が取ることができ
ブロックがブロックチェーンへ
新たに追加される流れを
「承認」といいます。

すべての取引履歴が公開されている

ビットコインの売買など
ブロックチェーンに記録されている全ての
取引履歴は、だれでも
Blockchain.info」から
確認できるのが特徴です。
上記で説明した
10分単位で承認されたブロック内に含まれる
「取引件数」
「取引されたビットコインの量」
「ハッシュ値」
「前ブロックのハッシュ値」
を時系列に確認できます。

ここでは、
ハッシュ値によって
暗号化されているため
取引の「履歴」として記録されても
「内容」の詳細は
確認できないので安心できます。
むしろ
時系列がオープンになっていることは
不正を防ぐための
役割の1つと言えるでしょう。

新たなビットコインを生成できる

新たにブロックを追加するときは
先にも紹介したとおり
直前のブロックのハッシュ値と
今回のブロックに含まれる
「全取引データ(トランザクション)」
と「ナンス値」を
ハッシュ関数によって
暗号化します。

この整合性を確認し
「承認」するためには
膨大な計算を行います。
この承認作業を
「マイニング(採掘)」
といい、
不正が行われていないことを
証明する仕組みを
「proof of work(仕事の証明)」
といいます。
これを
「成功」させた人に
ビットコインの報酬が
支払われるというシステムがあり
このときビットコインが
「新規発行」されるのです。

ビットコインの発行総量は
事前に決められており
2140年までに2,100万BTC
(上限数)に達すると言われています
「マイニング」というブロックチェーンが
生まれる仕組みにより
ビットコインの急激な増減が起きないように
調整されているのです。

ブロックチェーンの種類

ブロックチェーンは大きく
「パブリック型」と
「プライベート型」
に分けることができます。

パブリック型

「パブリック型
(パブリックチェーン)」は
中央集権的な管理期間を持たず
不特定多数のだれでも自由に参加でき
だれでもマイニングに参加できる
ブロックチェーンを指します。
ビットコインが代表的です。

プライベート型

「プライベート型
(プライベートチェーン)」は
管理者がいるのが特徴です。
マイニングを行うためには
管理者の許可によって
コントロールできるため
(パブリック型はマイナーの賛同を得なければならない)
金融システムの管理などに活用できるでしょう。

ブロックチェーンのメリット

「中央集権化」を防げる

ブロックチェーンによる第一のメリットは
「中央集権化」が
防げることでしょう。
一元管理しないことによって
システムが実質的にダウンしない
(分散することで他所で復旧できる)
というメリットです。

また
多くの利用者の間でブロックチェーンを
共有しあうため
特定の管理者による
独裁的にコントロールされないのもメリットです。

海外送金の低コスト化が実現する

2つ目のメリットは
特定の金融機関を
介さないことによって
海外への送金コストが大幅に削減できることです。
通常
金融機関を経由することで
数百円から数千円の手数料が発生します。
かつては送金回数が増えるほどコストが
嵩んでしまいました。
しかし
ブロックチェーンによって
ユーザー 同士の直接的な送金が実現し
最小限の手数料で済むようになります。

データの改ざんが不可能になる

3つ目のメリットは
データの改ざんが実質不可能になることです。
先にも紹介してきたとおり
ブロックチェーンは暗号化され
分散して保存されています。
また
その暗号化されたデータは不可逆性があるため
特定することはできません。
意図的に改ざんすれば
分散したデータとの整合性が取れないため
すぐに不正が明らかになるのです。

ブロックチェーンの課題

ブロックチェーンは
まだ活用されはじめた段階の技術です。
今後の課題として挙げられるのが
処理速度です。データを分散管理することや
リアルタイムでの処理が行えないため
実店舗のような即時決済を行うようなシステムでの
活用は今後の課題となるでしょう。

一方で
ブロックチェーンの特性である
「分散型」と「不可逆性」
によるセキュリティ面のメリットは非常に大きいと言えます。
従来の中央集権型タイプの場合であれば
サーバーへの負荷が大きく
システムがダウンしてしまうシチュエーションでも
耐えることができるからです。
新しい技術ゆえに課題はありますが
得られるメリットが大きいため今後に
期待が集まる技術と言えます。

まとめ

ブロックチェーンは
仮想通貨などフィンテックを
語る上で欠かせない技術です。
政府や銀行などが介入せず
取引に関するデータが分散し
すべての人がデータを
確認できることから
改ざんが起こりにくいという
メリットがあります。

また、プライベート型の
ブロックチェーンは
そういったメリットを
いかしつつ特定の
管理者を置けることから
企業での決済サービス運用などの
活用が期待されています。
ブロックチェーンの活用は
金融サービスに
大きなメリットをもたらすと
言われていますので
ぜひ参考にしてみてください。


以上「ブロックチェーンを簡単解説します」でした

関連記事「ロシアのプーチン大統領「ブロックチェーン技術は今後絶対に必要になる」」

 

ピックアップ記事

  1. 超高性能Bit-AI を活用して副業!大金を簡単に手に入れる方法を紹介します!

関連記事

  1. 仮想通貨

    仮想通貨の強盗が頻発してるので対策方法を考えてみた

    最近、世界的に仮想通貨の強盗が相次いでいます。そこで、被害…

  2. 仮想通貨

    コインチェックNEM補償後高騰しました!

    コインチェックのNEMの返還がいよいよ開始されネット上では返還…

  3. FX

    < 株式 >東証=終値 2万1811円93銭 要因は明確ではない

    原因不明の大きな値動きヤフーニュースでも、話題になってます…

  4. 仮想通貨

    スターバックスも独自仮想通貨発行か!?

    スターバックスの会長が独自仮想通貨に関して発言スターバックス の最…

  5. 仮想通貨

    仮想通貨のICOを解説!!!

    仮想通貨の ICO を解説!!!最近よく「 ICO 」という言葉を仮…

  6. 仮想通貨

    仮想通貨流出問題 コインチェック被害者の会が提訴!

    コインチェックが先月に580億円相当の仮想通貨流出問題 に関す…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメキャンペーン!

カテゴリー

訪問者

  • 9137総訪問者数:
  • 11今日の訪問者数:

Facebook

無料で本を手に入れる!!!


友だち追加

  1. 旬ネタ

    鉄道忘れ物市 開催のお知らせ
  2. 考え方

    進撃の巨人 行動してしまえばあとは楽!!!
  3. 仮想通貨

    超高性能Bit-AI を活用して副業!大金を簡単に手に入れる方法を紹介します!
  4. 考え方

    正しい生き方なくして真の成功はあり得ない
  5. ブログで稼ぐ

    ブログで稼ぐ!ブロガーに必要な思考編!
PAGE TOP