仮想通貨

仮想通貨自殺 が急増!? 各国でも対策が行われる!

仮想通貨自殺 について
昨年1200%の上昇率を記録した
ビットコインに3万5000%と
文字通り暴騰したリップルと
バブルの様相を呈している
仮想通貨界隈。
コインチェック事件を皮切りに
わが国でもニュースバブルとも
言える様相を呈している。
金融の世界を変える革命的技術
としての期待に
規制が実情に追いつかない現状。
乗り遅れる恐怖感もあるのか
各国政府はそれぞれに対応を迫られ
情報も錯綜気味だ。

そんな中
当初の慎重な態度と打って
変わって独自の仮想通貨
「CryptoRuble」発行を決定
国内の決済手段として
承認する民法改正案が
提出されたロシアでは
とある仮想通貨ファンドが
これまでにない投資家向け
サービスを開始した。
内容はちょっと切ない。
言うなれば、仮想通貨版
「いのちの電話」だ。
ロシアのニュースサイト「Life」が報じている。

■大暴落で死にたくなったらお電話を

ロシアで最も大規模な
仮想通貨ファンドの1つ
「BLOCKCHAIN FUND」は
2月7日から投資家向けの
電話ホットラインサービスを始めた。
内容は顧客のメンタルケアで費用は無料。
変動著しい市場で致命的な損失を出し
絶望感に陥った投資家に
手を差し伸べることが目的だ。

公式サイトのリリースによると
「新しい通貨の崩壊による
自殺の高まりと関連して
サービスの開始を決定しました。

投資の損失を受けたお客様の誰もが
平静な生活を取り戻す助けとなるよう
資格を持つスペシャリストと
話をすることができます」
とのこと。
「自殺の高まりと関連して」
という理由が実に剣呑である。

■お悩み引き受け人はルーブル危機で活躍したプロフェッショナル

「人々はパニックを受け入れますが
何が起きているのか
理解している人はいません。
最初は市場の何もかもが
非常にうまくいっていたのに
今は違ってしまった。
まず初めに、
私は仕事を通して相談者と親しくなり
彼らの話を聞いてから
気分を落ち着かせ回復させるかための
アドバイスを提供します。
愚かなことをしないことが非常に重要です」

心理サポートを担当する
エレナ・ピホブナ氏は
公式サイトのリリースに
こう記している。
ピポブナ氏は資産ロスに悩む
投資家への心理的な対策では
実績のある心理学者という。
ウクライナ紛争に伴う欧米の
経済制裁と原油安の影響により
発生した2014年のルーブルの
大暴落で経験を積んだ
エキスパートだそうだ。

この年はルーブルが対ドルで半値まで下がったから
単純に考えて、投資家のみならず
多くのロシア市民が資産の
半分を失ったことになる。
一時の仮想通貨ほどではないとはいえ
死にたくなった人も相当数いたことは
容易に想像できる。

■ビットコインに兄を奪われた男の悲劇

仮想通貨で大損した投資家への
自殺対策は
ロシアに限ったことではない。
今年1月半ば
アメリカの掲示板サイト
「reddit」では
仮想通貨の暴落で損害を被った
ユーザーのための
自殺ホットラインが設置されたという。

redditの仮想通貨
フォーラムには50万人の
ユーザーが利用していると言われている
全米自殺予防ライフラインへの
リンクが貼られ
ユーザーらの間でも
自殺防止が呼びかけられた。

そのreddit上で
昨年末に話題になった
仮想通貨関連の投稿がある。
barking bonerzという
ハンドルネームの投稿者による
「My brother killed
himself because of BTC」
(僕の兄はビットコインのせいで自殺した)
という投稿だ。

投稿によると
barking
bonerz氏の兄は
仮想通貨の熱狂的な
信者だったという。
2012年の時点で
15000BTCのビットコインを所有していると
周囲に語っており
barking bonerz氏自身も
兄のウォレット上で少なくとも
6000BTCを確認したという。
仮に兄の言うことが本当だったなら、
当時のレートでおよそ1500万円以上となる。

ところが
兄は2013年にそのほとんどを
ハッキングで失ってしまう。
そのうえ残りを売り払ってしまった。

そして
2013年末から2014年初に相場が上昇した時
失った資産の大きさと
もしかすると得ていたはずの莫大な儲けに
固執したためだろうか
兄は心を病み
家族や友人との接触を断つようになる。

barking bonerz氏が何とか連絡を取ると
兄は悲嘆に暮れていて
二度と金持ちになるチャンスはないと
喚き散らすようになっていたそうだ。

そして投稿の数ヶ月前
ビットコインの時価が
10000ドルを突破して以降は
さらに連絡を取ることが難しくなっていた。
メールや電話に返信することもなくなった。
その2週間後
様子を見に行った両親は
遺書も残さず自室で
自殺した息子の亡骸を発見した。
彼はまだ29歳だったという。

「これをビットコインやブロックチェーン技術
仮想通貨のユーザーや開発者への
批判とは取らないでください」
と前置きしながらも、
barking bonerz氏は
ビットコインが兄の
マインドセットを
完全に壊してしまったと考えているようだ。
そして
「兄と同じ状況にいる人は
気軽にメールしてほしい。
人生にはいくらでもお金を
儲ける機会があり
一度の失敗がその人の未来を
決定することはない。
ケアしてくれて話を聞いてくれる
友達もいるはずだ」
という一文で投稿を締めくくっている。

仮想通貨の投機が
引き起こしたこの悲劇は
いわゆる「ネタ」
である可能性もある
(ハンドルネームの
“barking bonerz”
は「吠える“勃起した”ペニス」
という意味だ)。
だがもし仮にそうであったとしても
2000件以上付いたコメントから
考えても
仮想通貨の投機がはらむ狂気じみた
一面の真実をはらんでいるのではないだろうか。

■対策の効果のほどは?

経済・生活問題が自殺率を
上げる主要な要因であることはすでに
実証されている。
京都大学のグループが平成18年に発表した
「自殺の経済社会的要因に
関する調査研究報告書」
によれば、経済・生活問題を
理由にした自殺者数は
最小だった1990年から
2002年にかけておよそ7倍も増加した。

グラフの推移を見ると
バブルの最高期から崩壊後に吹き荒れた
リストラの嵐に連動していることがわかる。

とはいえ
BLOCKCHAIN FUNDの
この取り組みが
どれほどの効果を上げるのかは
正直わからない。

「中身のわからないものは買わない」
「失っても支障のない
金額の範囲内で運用する」

これらは金融投資の
長い歴史の中で人類が
散々痛い目を見てきた中から
見出した鉄則だ。
仮想通貨は新しい技術であり
その実態は素人にとって複雑で不透明。
それどころか
デリバティブを
生み出した金融工学よろしく
専門家さえ完全には
理解していない節もある。
歴史の浅さゆえ
トラブル発生時の対応
ノウハウや予測し得る決着例も
確立されていない
現状において
投資対象としての仮想通貨の危険性は極めて高い
「参入者が増えるほど旨味が減る」
という仮想通貨の設計を考えても
素人が過剰な利益を求めて
今から市場に参加することは
投資の鉄則の真逆を行くことになる。

もちろん
問題の所在は運用にあり
投機的な現状がそのまま仮想通貨
の技術的な革新性や利便性
将来性を毀損するものではないのだが。

■もしもコインチェックがホットラインを設けたら……

ともあれ
仮想通貨ファンドのような投機を
促す側が打ち出す対応策の内容が
電話でのメンタルサポートであることについて
ロシアの投資家たちはどう考えるのだろう。
そしてそれがロシアでなく日本だったなら?

今月13日
コインチェックは
NEMの流出事件に対する
補償について記者会見を開いた。

補償の方針は変更しないとし
資金の手当てや補償時期
事業継続についての
具体的ビジョンについて
明言することは避けた内容だった。

そんなコインチェックが
もしも被害を被った顧客に対して
「腕利きのカウンセラーを
揃えたメンタルサポートサービスを設けました。
損害を被った客様は気軽に利用してください」
というような対策案を発表したとしたら
ネットは大炎上するだろう。
「その前にやることがあるだろ
投資家ナメるな(怒)」
と突っ込まれまくることは必至のように思えるのだ


以上「仮想通貨自殺が急増!? 各国でも対策が行われる!」でした

関連記事「【大炎上】仮想通貨取引所Zaifで重大トラブル発生中か!?」

ピックアップ記事

  1. 超高性能Bit-AI を活用して副業!大金を簡単に手に入れる方法を紹介します!

関連記事

  1. Bit-AI

    仮想通貨 Bit-AI 10万円からの投資で1年後には1億円も可能

    仮想通貨 Bit-AI が完成しました仮想通貨 Bit-AIは仮想…

  2. 仮想通貨

    仮想通貨詐欺 一日平均約900万ドルが消失か

    2018年が始まってまだ2ヶ月程仮想通貨詐欺 によって既に…

  3. 仮想通貨

    Yahoo!仮想通貨交換事業参入!

    日経新聞の報道によりますとヤフーが仮想通貨取引所に参入する…

  4. 仮想通貨

    2/27(火)マーケットレポート|、BTCが上昇!

    仮想通貨市場( BTC )では2月の暴落から戻したあと100万…

  5. 仮想通貨

    仮想通貨決済導入店のメリット、デメリットを考えてみた

    昨年からビットコインを中心とした仮想通貨ブームがかつてない熱を…

  6. 仮想通貨

    コインチェックから流失した8億円分のNEMがZaif(ザイフ)に流入

    仮想通貨取引所のセキュリティ問題によってまた新たな事件が発生した。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメキャンペーン!

カテゴリー

訪問者

  • 9209総訪問者数:
  • 8今日の訪問者数:

Facebook

無料で本を手に入れる!!!


友だち追加

  1. 考え方

    脱公務員 が語る賢い生き方・愚かな生き方とは!!!
  2. 旬ネタ

    【政界激震】森友学園改ざん問題まとめ
  3. 仮想通貨

    仮想通貨詐欺 一日平均約900万ドルが消失か
  4. 松ぼっくり

    松ぼっくりで副業!
  5. 仮想通貨

    ハッカーvsハッカー! 仮想通貨・知られざる攻防
PAGE TOP