仮想通貨

ポルシェがイーサリアムベースのブロックチェーン技術を車両に導入

先進的な高級自動車メーカー:ポルシェ

ドイツの世界的自動車メーカー
「ポルシェ」の
公式動画は
2017年6月に
開催された
”ポルシェ・イノベーション・コンテスト”
で優勝した
イーサリアムに基づく
ブロックチェーンのスタートアップ
企業である
ベルリンの「Xain」


と提携したことで
ブロックチェイニング・カー
紹介しています。

声明では
以下のように述べています。

「車はブロックチェーンの一部となり
サーバーを経由せず
直接的なオフライン接続が可能になります。」

「アプリを通して
車のキーを開閉するための
プロセスは”わずか1.6秒”で完了し
今までの6倍の速さに相当します。
さらに、効率的な暗号化で保護されます。」

つまり、スマートコントラクトを
利用することで
ハードウェアを必要とせず
第三者を簡単に統合することが可能になるようです。

また、ブロックチェーン技術を
使用することで
宅配便など車両への
一時的なアクセスができるようになります。

ポルシェの
ファイナンシャル・ストラテジスト
「Oliver Döring」氏は
以下のように述べています。

ブロックチェーンを利用することで
データをより迅速かつ安全に
転送可能
です。例えば
充電スタンドや駐車
宅配者による一時的なアクセスです。」

同社はブロックチェーンアプリを
テストするため
一時的なアクセス権限と
暗号化されたデータロギング
(データを取得すること)のため
車両のロック&アンロックの
テストを行いました。

「処理されるデータは
監査可能なデータロギングを通して
分散化されたブロックチェーン内で
暗号化を行います。」

「これにより、将来の
”自動運転”に
提供される機能改善が
図ることができます。」

「さらに
保護されたローカルデータを
使用することで
他の車両とも安全にデータ共有
できるようになるでしょう。」

公式動画では
スマートコントラクトによって
車両同士の通信コミュニケーションや
”ブロックチェーン化された充電スタンド”への
安全な接続などのユースケースも
紹介しています。

ブロックチェーンの構造について

技術面の詳細に関しては
詳しく紹介されていませんが
Xainにはブロックチェーンの
構造を説明したペーパーがあります。

コアはイーサリアムであり
チューリング完全
(プログラミング言語が計算論的に
能力カンストしている事)と
スマートコントラクトを
持ち合わせていますが
コンセンサス方式は
実用的なカーネルワークの証明です。

許可されたブロックチェーンには
ネットワークに参加できる
ノードのホワイトリスト登録が必要です。

各ノードが次のブロックを発見するため
互いに争うのではなく
ノードまたはグループノードが
「Proof of Work」の
計算を行うためにランダムに選ばれます。

そのため「マイナー」は
大型の設備で巨大なシステムを
構築するなどする、ある種の
”軍拡競争”を行う必要がなくなり
「Proof of Work」の計算を
完成するための”競争”だけが残ります。

ブロックチェーンにはトークンが存在しないため
「Proof of Stake」よりも
この方法が使用されており
仕事量がわずかに増えれば
その分のセキュリティーも増加するため
「Proof of Authority(権威の証明)」
よりも好ましいとされています。

ベースはイーサリアム

おおよその構造は
イーサリアムに類似しています。

そのため
必要なスケーラビリティレベルに
達した際
パブリックブロックチェーンに
同時送信することが可能であると
想像できるように
許可型チェーンが
イーサリアムの
パブリックブロックチェーンと
「通信」していることも想像できるはずです。

このように、自動車産業は
”新たなテクノロジー”
に慣れ始めており
車両やその他移動手段への
実装・導入を通して
スマートコントラクトを持った
車両が関連サービスに対して
どのような利益を享受できるか
をリサーチしています。


以上「ポルシェがイーサリアムベースのブロックチェーン技術を車両に導入」

関連記事「仮想通貨決済導入店のメリット、デメリットを考えてみた」

 

関連記事

  1. 仮想通貨

    2/27(火)マーケットレポート|、BTCが上昇!

    仮想通貨市場( BTC )では2月の暴落から戻したあと100万…

  2. 仮想通貨

    金融庁が大手仮想通貨取引所バイナンスに警告!からの反論!

    金融庁が世界で最大の仮想通貨量を取り扱っているBina…

  3. 仮想通貨

    仮想通貨LISK(リスク)の新ロゴ発表!リローンチイベント

    先日待ちに待っていたLISK(リスク)のリローンチイベントがあ…

  4. 仮想通貨

    中部電力が仮想通貨を用いた電子決済アプリを開発 !

    先日熊本電力がマイニング関連会社を設立し業界最安値の電気代を目…

  5. 仮想通貨

    仮想通貨決済導入店のメリット、デメリットを考えてみた

    昨年からビットコインを中心とした仮想通貨ブームがかつてない熱を…

  6. 仮想通貨

    仮想通貨まだ持ってないの?買うなら再び高騰している今ですよ!

    仮想通貨まだ持ってない人仮想通貨が最近再び値が高まっています!…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメキャンペーン!

カテゴリー

訪問者

  • 4688総訪問者数:
  • 9今日の訪問者数:

Facebook

無料で本を手に入れる!!!


友だち追加

  1. 仮想通貨

    公務員副業 匿名仮想通貨廃止の流れ!!!
  2. 考え方

    目先の利益を追わない
  3. 仮想通貨

    韓国の仮想通貨の規制が緩和され、仮想通貨は高騰するか?
  4. 読書

    読書 好きの人の為の速読ノウハウ!
  5. 考え方

    成功するためのアイディア術!!
PAGE TOP