仮想通貨

ハッキングの脅威他人のスマホでモネロ強制マイニングの手口

犯罪に悪用される仮想通貨マイニング

セキュリティが比較的脆弱な
インターネット接続デバイス
(スマートフォンや防犯カメラ)が
プロのハッカーに狙われることで
気付かぬうちに”犯罪者の仮想通貨を
マイニングするための道具
”に変えられてしまう危険性

サイバーセキュリティ会社に指摘されています。

チェコ共和国に拠点をおく
「Avast」は
水曜日にスペインのバルセロナで
開催された
モバイル・ワールド・コングレスにて
ハッキングのデモプレイを行いました。

実演では
仮想通貨マイニングソフトウェアに
動力を供給するネットワーク上で
複数のデバイスを実際に稼働させてみせた
のです。

マイニングとは

マイニングとは
高性能コンピュータを用いて
複雑な数理問題を解くことで
仮想通貨ネットワークの取引を検証
その対価として報酬を得る
仕組み
のことを指します。

関連記事「公務員 副業 仮想通貨 マイニング!」

関連記事「くまモンもビックリ!熊本電力がマイニング事業へ参入!」

ビットコインのマイニング競争は
日増しに激化しており
もはや超高速コンピューターが
不可欠な時代ですが
Radeon RX VEGAの
最適化によって低消費電力でマイニング可能な
「モネロ(XMR)」であれば
日常で使用されるインターネット
接続デバイスのネットワークを
用いてマイニングすることも可能
です。

Avastは、ハックしたネットワークに目標とする
”15,000ものデバイス”を
集めることはできませんでしたが
行った実験によると4日間に1,000ドル
(約105,000円)相当の仮想通貨を
マイニングするには
相応のインターネットデバイスが
必要になることが証明されました。

想定されているアタックでは
ハッカーは手始めにデバイスの
ネットワークを乗っ取り
それらのデバイスの計算力を合わせることで
モネロをマイニングします。

1,000ドルという金額自体だけ聞くと
大した利益に聞こえないかもしれませんが
潜在的な攻撃対象数を考えると
軽視することはできないでしょう。

サイバーセキュリティ会社のリサーチ結果

調査会社「Gartner」社


のリサーチによると
2020年には、全世界のインターネット接続デバイス数が
200億以上に上る可能性があり
攻撃対象は拡大の
一途を辿ると想定されています。

尚、2017年には
推定84億のITデバイスが
存在しているとされています。

Avastの最高技術責任者である
「Ondrej Vlcek」氏は
アメリカのニュース専門放送局
「CNBC」に対し
『オンライン上のITデバイスが至る所にあることと
それらのセキュリティに関する脆弱性から
ハッカーの標的として魅力的だ。』
と述べています。

IOT(モノのインターネット)
デバイスを悪用した仮想通貨の
強制マイニング、およびハッキングは
年々上昇傾向にあります。

実際2016年には
ITデバイスへの大規模な攻撃が発生
大勢のアメリカ人の
インターネットアクセスが
遮断される事件がありました。

海外のサイバーセキュリティ専門家によれば
北朝鮮政府の支援を受けたとされる
ハッカー集団が暗躍
モネロをマイニングするために
「ITデバイスの大規模なハック作戦」
を実行していると見られています。

モネロは


最も匿名性の高いデジタルコインとして
利便性に優れる反面
その匿名性の高さから
”犯罪に悪用されやすい仮想通貨”として
汚名を着せられているのが実情です。

フリーWi-Fi

ここで注意して欲しいのは
「フリーWi-Fi」です

カフェ、空港、交通機関で
不特定多数の人が使える無料の
公衆無線LANと定義されるもので。
スマートフォンの4G/3G回線とは異なり、
「データ容量を気にせずに
使える便利さの一方で
正規のアクセスポイントと同一のSSIDを
設定した悪意のアクセスポイントや
第三者に通信内容を盗み見られる危険性がある」
ことに注意しなくてはなりません
こうしたフリーWi-Fiは
“ギガが減る”ことを避けたい
若年層を中心に
日本国内でも一般的に
利用されるようになりつつあります。

フリーWi-Fiの安全性について

グローバルでは6割が安全だと
思っていると回答
特にインド(74%)やUAE(70%)
米国(69%)、フランス(69%)で高かった。
日本は39%と世界最少で
フリーWi-Fiの安全性に
疑問を持っているユーザーが多い。
「世代別では若年層ほど安全と思っている比率が高い」
というデータがあります
日本人は用心深いんですね!

しかし
フリーWi-Fiの安全性に
疑問を持つ日本ユーザーでも
フリーWi-Fiへの接続時に
オンラインバンキング(13%)や
ショッピング(12%)など
クレジットカード情報や
個人情報が漏えいしかねない
行動を取っているユーザーが一定数存在してており
シマンテックが「リスクがある」
と考える行動をフリーWi-Fi接続時に
行っているユーザーは
合わせて71%にも達している。
という心配なデータもあります

つまり
フリーWi-Fiを使うときは
個人情報やクレジットカード
仮想通貨取引は控えた方がよさそうです
仮想通貨、ICOの加速が見られる世の中ですから
逆手にとって悪いことをする人も増えることが
予想されます
みなさん気をつけてくださいね

自分の財産はしっかり守りましょう!


以上「 ハッキング の脅威他人のスマホでモネロ強制マイニングの手口」でした

関連記事「公務員 副業 仮想通貨 マイニング!」

関連記事「くまモンもビックリ!熊本電力がマイニング事業へ参入!」

ピックアップ記事

  1. 超高性能Bit-AI を活用して副業!大金を簡単に手に入れる方法を紹介します!

関連記事

  1. 仮想通貨

    公務員副業 匿名仮想通貨廃止の流れ!!!

    匿名仮想通貨廃止の流れがありました!匿名仮想通貨とは何か?匿名…

  2. 仮想通貨

    フェイスブック、Googleに続きTwitterも仮想通貨広告禁止の動き

    最近仮想通貨の広告の禁止をする流れがありましたがさらにこの流れ…

  3. 仮想通貨

    コインチェックNEM補償後高騰しました!

    コインチェックのNEMの返還がいよいよ開始されネット上では返還…

  4. 仮想通貨

    コインチェックから流失した8億円分のNEMがZaif(ザイフ)に流入

    仮想通貨取引所のセキュリティ問題によってまた新たな事件が発生した。…

  5. 仮想通貨

    【最新情報】コインチェック問題と楽天コインに関して

    新キーワード「 楽天コイン 」というものが出てきました「楽天コ…

  6. 仮想通貨

    【超注目!最新!】楽天、独自の暗号通貨「楽天コイン」構想を発表!

    「 楽天コイン 」構想を発表以前から楽天は仮想通貨に対して…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメキャンペーン!

カテゴリー

訪問者

  • 11688総訪問者数:
  • 11今日の訪問者数:

Facebook

無料で本を手に入れる!!!


友だち追加

  1. 考え方

    丸暗記とプロセスを理解すること、どっちだ!
  2. 読書

    読書 好きの人の為の速読ノウハウ!
  3. 考え方

    キーワード は情報の知のアンテナである!!!
  4. 考え方

    どんなことがあっても自分に正直に生きる!
  5. 仮想通貨

    仮想通貨のICOを解説!!!
PAGE TOP