仮想通貨

米カリフォルニアにあるバークレー市ICO導入!

バークレー市とは

バークレー (Berkeley [ˈbərkli] ) は、
アメリカカリフォルニア州
アラメダ郡にある都市である。
バークリーとも呼ばれる。
人口は約10万人。
サンフランシスコ・ベイエリア内、
サンフランシスコ湾東岸にある都市で
オークランドの北に隣接する。
カリフォルニア大学システムの発祥校である
カリフォルニア大学バークレー校や
ローレンス・バークレー国立研究所がある。

全米で政治的・社会的に最も
進歩的な都市として知られている。
60年代のヒッピー文化の発祥の地でもある。
2014年には住民投票で
肥満や糖尿病を防ぐことを目的に
炭酸飲料に課税する「ソーダ税」を
アメリカで初めて2015年1月1日から
導入することとした。
バークレー市はまた
進歩的なライフスタイルの発祥の地でもある。

バークレー市ICO導入!

米カリフォルニアにあるバークレー市は
独自にトークンを発行する計画を進めている。
集められた資金は市の予算に充てられ
住宅建設や都市開発に使われる。
市のようなコミュニティが行う
今回のICOは
イニシャル・コミュニティ・オファリングと
呼ばれている。

連邦政府から与えられる
予算が削られているバークレー市は
都市運営のための資金繰りに
困窮していた。
ICOで資金を募ることで予算の拡充を狙う。

トークンは
サンフランシスコを拠点とする
スタートアップNeighborlyと
バークレー市が協力し発行される。
バークレー市の債券として
発行される今回のトークンは
個人や団体が行うICO
(イニシャル・コイン・オファリング)
より投資リスクが低いということです

バークレー市では
住宅の供給不足により不動産価格が
上昇しており
集められた資金で住宅を
建設し供給を増やしたい考えだ。
バークレー市のICOは5月に行われる予定だ。

バークレー市と同様に
コミュニティベースのトークンを
発行しようとする動きは他にもある。
マーシャル諸島共和国は
7000人からなる太平洋にある
小さな島国で
独自トークンを年内に発行しようとしている。

関連記事「マーシャル諸島が国の仮想通貨
「ソブリン(SOV)」を発行!」

マーシャル諸島共和国では
米ドルが基軸通貨となっているが
バークレー市同様に島の運営費が不足している
トークンを発行することで
島の開発を進めたいと
役人のデイビット・ポール氏は語る。

ICOは投資家が
個人や団体が行うプロジェクトに対して
資金提供する例が多かったが
最近ではコミュニティの
開発のためのICOも増えてきている。
投資のインセンティブや資金集めの
構造設計次第では
地域活性化の起爆剤となる
可能性を大いに秘めているでしょう。


以上「米カリフォルニアにあるバークレー市ICO導入!」でした

関連記事「マーシャル諸島が国の仮想通貨「ソブリン(SOV)」を発行!」

関連記事「スイス証券取引所会長が国家の暗号通貨を支持!」

ピックアップ記事

  1. 超高性能Bit-AI を活用して副業!大金を簡単に手に入れる方法を紹介します!

関連記事

  1. 仮想通貨

    仮想通貨のICOを解説!!!

    仮想通貨の ICO を解説!!!最近よく「 ICO 」という言葉を仮…

  2. 仮想通貨

    ハッカーvsハッカー! 仮想通貨・知られざる攻防

    クローズアップ現代で面白い内容のニュースを見つけたので報告しま…

  3. 仮想通貨

    中国企業がリップル20億ドル投資?ガセ情報?

    中国企業がリップルに20億ドル投資するという情報が流れています…

  4. 仮想通貨

    仮想通貨LISK(リスク)の新ロゴ発表!リローンチイベント

    先日待ちに待っていたLISK(リスク)のリローンチイベントがあ…

  5. 仮想通貨

    【超注目!最新!】楽天、独自の暗号通貨「楽天コイン」構想を発表!

    「 楽天コイン 」構想を発表以前から楽天は仮想通貨に対して…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメキャンペーン!

カテゴリー

訪問者

  • 8242総訪問者数:
  • 8今日の訪問者数:

Facebook

無料で本を手に入れる!!!


友だち追加

  1. ブログで稼ぐ

    副業 !ブログで稼ぐ!プロフィールを書こう編!
  2. 旬ネタ

    1日3万円が貰えるCREWプロジェクトの正体とは
  3. 考え方

    【ブラック企業】 ゴンチャロフ製菓 パワハラ上司のせいで自殺した件について
  4. 考え方

    頭と率先力を使うこと!
  5. 考え方

    仕事以外にやりたい事をやる
PAGE TOP