仮想通貨

コインチェックから流失した8億円分のNEMがZaif(ザイフ)に流入

仮想通貨取引所のセキュリティ問題によって
また新たな事件が発生した。

国内大手仮想通貨取引所の
コインチェックから約580億円分の
仮想通貨「NEM」が流失した問題で
流失したNEMの一部が別の
国内仮想通貨取引所「Zaif」
に流入している事実が発覚した。

昨日4日までに流入した合計額は
約2260万NEM(約8億円)を超えるとされ
Zaif側も確認に追われている現状であるという。

Coinpayments経由で資金洗浄か

そもそもコインチェックから
仮想通貨NEMが流失したのは1月26日の事。

そこから犯人は
匿名の仮想通貨DASHを利用して
ダークウェブと呼ばれる闇サイトを
通じた不正な仮想通貨の
やり取りを行っていたと考えられている。

そしてこの度
NEMのブロックチェーンを分析・解析を
行っているいわゆる
「ホワイトハッカー」
と呼ばれるエンジニアが新事実を突き止めた。

関連記事「ハッカーvsハッカー! 仮想通貨・知られざる攻防」

犯人がコインチェックから
盗んだNEMの一部を
仮想通貨の決済プラットフォームである
「Coinpayments」を経由し


Zaifを始めとする複数の
仮想通貨取引所に入金しているというのだ。

Zaifへの入金は先月下旬から続いており
昨日までの間で約2,260万XEM
(約8億円)以上が流入しているという。

日本の取引所で流入が確認されたのはZaifのみで
海外ではBitrrexやPoloniexなどの
大手取引所への入金例もある。

しかし
ここまで大きな額が
流入しているのは、Zaifのみであるという。

コインチェックから流失した分の
仮想通貨NEMのアドレスには
通貨の創出先であるNEM財団によって
「モザイク」と呼ばれる印が付けられ
正常なNEMのアドレスとの
差別化を図れるようにされてきた。

これによりどの取引所も
モザイクがついているNEMを
受け入れる事を拒否できるようになるというわけだ。

しかし今回
Zaifに流入してきた分の
NEMを調べてみると
まさに受け入れを拒否していた
モザイクがついている(盗難された)
NEMだったのだ。

これは犯人が奪ったNEMを
一旦「Coinpayments」
という別の決済プラットフォームに送金し
そこから取引所に入金するという
ステップを踏む事で
モザイクがついていないアドレスからの
送金に見せかけていたのだ。

被害を受けた海外の取引所のうちいくつかは
既に早急に問題を対処し
NEMの入金を禁止する措置を取っているという。

Zaifも同様に
Coinpaymentsからの入金拒否や
NEM取引の停止を行うべきとの声も強くなっている。

今後のZaif側の対応
業界全体としての動きに注目が集まる。

ここまでの内容と考察

コインチェック問題に新たな進展があり
今度は矛先がZaifへと向きました。

流失した約580億円分のNEMのうち
約8億円分がZaifに流入していたという今回の事件。

モザイクと呼ばれる印を付ける事で
盗まれた分のNEMの使用を不可能
にしようとしたNEM財団側ですが
犯人にはそれも織り込み済みだったようです。

Coinpaymentsという
決済プラットフォームを
経由して資金洗浄をする事で
さも普通のNEMであるかのように見せかけて
何の問題もなくZaifに
入金する事に成功していたのですから。

これを聞いてしまうと
やはりセキュリティ面では
まだまだ改善が必要なのだと感じますね。

その点
ビットフライヤーはかなり
安全性が高いと言えますね。
セキュリティやシステムに関して
世界No.1になったビットフライヤー
は現在独走状態。

コインチェック やZaifの事件をうけて
一層セキュリティやシステムの
対策を行っているそうです。

いずれにせよ事件の早期解決と
業界全体の前進を願うばかりですね。
とにかく今は
次なる最新情報を待ちましょう!


以上「コインチェックから流失した8億円分のNEMがZaif(ザイフ)に流入」でした

関連記事「ハッカーvsハッカー! 仮想通貨・知られざる攻防」

 

ピックアップ記事

  1. 超高性能Bit-AI を活用して副業!大金を簡単に手に入れる方法を紹介します!

関連記事

  1. 仮想通貨

    【超注目!最新!】楽天、独自の暗号通貨「楽天コイン」構想を発表!

    「 楽天コイン 」構想を発表以前から楽天は仮想通貨に対して…

  2. 仮想通貨

    3月8日深夜から仮想通貨市場軒並み下落、原因をまとめてみた

    3月8日日本時間の深夜からビットコインを含め仮想通貨市場が…

  3. 仮想通貨

    イラン、トルコでも国の仮想通貨を発行する動き!

    イラン、トルコでも国の仮想通貨を発行する動き!を解説していきま…

  4. 仮想通貨

    中国企業がリップル20億ドル投資?ガセ情報?

    中国企業がリップルに20億ドル投資するという情報が流れています…

  5. 仮想通貨

    【最新情報】コインチェック問題と楽天コインに関して

    新キーワード「 楽天コイン 」というものが出てきました「楽天コ…

  6. FX

    < 株式 >東証=終値 2万1811円93銭 要因は明確ではない

    原因不明の大きな値動きヤフーニュースでも、話題になってます…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメキャンペーン!

カテゴリー

訪問者

  • 7262総訪問者数:
  • 10今日の訪問者数:

Facebook

無料で本を手に入れる!!!


友だち追加

  1. 雑ネタ

    コーヒーのメリットデメリット
  2. 副業

    転職(就職)のアシスト!
  3. 公務員

    公務員 の メリット デメリット元公務員だから言えること!
  4. 考え方

    相手の発言の矛盾をつく!!!
  5. 仮想通貨

    最新鋭AIでトレードできるツールの紹介!これであなたも成功者になれる
PAGE TOP