仮想通貨

ビットコイン 下落の要因の更新情報

前回の記事で
3月8日からの
ビットコイン の急な下落の
要因を5つまとめましたが
その中の一つ

大手取引所Binance
におけるフィッシング疑惑の浮上

について新しく情報が入りました

フィッシング疑惑というものは
実際にハッキングに
あっていたことがわかりました

このハッキングに対し
大手取引所Binanceの
CEO(最高経営責任者)である
Changpeng Zhao氏は
すべての不正取引は取り消されたと
Twitterで発表しまた。

ハッカーの資金は凍結され寄付された

その後は
ユーザーの資金は一切失っておらず、
さらにハッカーは今回の試みにより
そのアカウント上の資金が凍結されすべての資金を失った。
その資金はBinanceチャリティーに寄付される模様。

偽URLが存在していた!

今回のハッキングが
起きる前から実は
偽URLが存在していたことがわかりました

その偽URLは本物と似たような文字で
構成されていてとても間際らしい感じです

現在取引所は通常に営業している。
今回幸いにも資金の損失を
防ぐことができたのでよかったですが

今後もこの種の詐欺行為や
ハッキングが発生する可能性があります

その予防策としては
直接URLを入力す流のではなく

正規のURLを正しく
ブックマークする必要があるかと思います

一応今現在で自分のブックマークしている
サイトが詐欺サイトでないか
改めて確認するのも良いかもしれません


以上「 ビットコイン 下落の要因の更新情報」でした

前記事「3月8日深夜から仮想通貨市場軒並み下落、原因をまとめてみた」

 

 

ピックアップ記事

  1. 超高性能Bit-AI を活用して副業!大金を簡単に手に入れる方法を紹介します!

関連記事

  1. 仮想通貨

    複数のアナリストが2018年はビットコインが発展を遂げる最高の年になると確信

    2018年の仮想通貨市場 の走り出しは望ましいものとは言えませんで…

  2. 仮想通貨

    仮想通貨、ICOの今後の規制についてまとめてみました

    日本での仮想通貨の規制現状日本では仮想通貨やICOに対して厳し…

  3. 仮想通貨

    ビットコインの関心が低下!?その背景は?

    仮想通貨といったらビットコイン!と思う人は多くいると思います…

  4. 仮想通貨

    コインチェックNEM補償後高騰しました!

    コインチェックのNEMの返還がいよいよ開始されネット上では返還…

  5. 仮想通貨

    GoldmoneyがETHとBCHを投資資産として取り扱い開始

    貴金属販売を手がける会社が仮想通貨を管理資産としてリストアップ…

  6. 仮想通貨

    ポルシェがイーサリアムベースのブロックチェーン技術を車両に導入

    先進的な高級自動車メーカー:ポルシェドイツの世界的自動車メーカー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメキャンペーン!

カテゴリー

訪問者

  • 6331総訪問者数:
  • 7今日の訪問者数:

Facebook

無料で本を手に入れる!!!


友だち追加

  1. ドローン

    ドローンで副業!
  2. ブログで稼ぐ

    アフィリエイト とASPの種類について解説!!!
  3. 仮想通貨

    ハッキングの脅威他人のスマホでモネロ強制マイニングの手口
  4. 旬ネタ

    鉄道忘れ物市 開催のお知らせ
  5. 仮想通貨

    仮想通貨流出問題 コインチェック被害者の会が提訴!
PAGE TOP