Bit-AI

普段必ず持ってるものは財布とスマホ、だったら財布捨てていいんじゃない?

 財布 はもう必要なくなる?

みなさんカバンの中には何を入れていますか?

おそらく多くの人は
財布とスマホ
この二つは
入っているのではないないでしょうか?

だったら財布はもう捨てていいんじゃない?

という疑問に思ったので
このブログを書きました

その前にお金の歴史を復習して見ましょう

お金の歴史

今では当たり前のように存在するお金ですが、
当然ながら歴史があります。

お金の歴史がどのように
移り変わって来たのか紐解いてみましょう。

古代では、
お金という概念は存在せずに
物々交換が主流でした。

自分が欲しい物を持っている人に
様々な交渉を行って、
物と物を交換するのです。

交換するものは
米や布、あるいは塩などが重宝されていたようです。
これらを物品貨幣と呼ぶのです。

これが飛鳥時代になってくると、
中国の開元通宝をモデルにした、
富本銭が登場します。


コインのような貨幣には
富本としっかり刻まれています。

これは国を富まし、
民を富ませる基本という意味があるのです。
西暦683年の頃の話です。

次にお金の歴史で欠かせないのが
奈良時代、平安時代です。

この時は250年の間に
金貨や銀貨、銅銭が作られています。
そして豊臣秀吉が金や銀の貨幣を作るまでは、
中国から輸入した貨幣を代用していた記録もあります。

1404年になると、
中国と室町幕府との間に条約が結ばれます。
それにより貿易が始まり、
銅銭が非常に重要なお金となります。
特に永楽通宝は人気があり、
全国で使用される共通のお金となっていたのです。

 

 

1587年には天正菱大判などが登場します。


これが俗に言う、大判小判です。

これらは主に臣下への
褒美として配られるもので、
庶民の間には流通しませんでした。

しかし、
それ故に非常に価値の高いものとして重宝されていたのです。

江戸時代に突入すると、
寛永通宝が登場し貨幣制度が統一されました。


全国で使うことが
出来るようにと金や銀貨も作られています。
当時はアメリカやイギリスなどの
貿易も活発になっており、
金の流出が問題にもなった時代です。

明治時代になると、
造幣局が建設されて
造幣工場が完成
しています。
金や銀の価値をしっかりと整備し、
グラムに応じた価値を明記していました。
その後、
大正時代や昭和時代へと入り、
現在のお金へと進化して来たのです。

1942(昭和17)年
日本銀行法が制定され、
これにより、
日本は名実ともに管理通貨制度へと移行しました。

1943(昭和18)年に
発行された「ろ五円券」は、
日本銀行法に基づく最初の日本銀行券です。

こんな感じで現金が主流になります

次にクレジットカードについて

クレジットカードの歴史

クレジットカードの歴史は
アメリカが発祥と言われています。

皆さんもVISAやMASTERを
見ているとアメリカかなときっと思いますよね。

1950年代の世界は、
第二次世界大戦が終わり、
朝鮮戦争が終わった頃に
アメリカのダイナースクラブが設立されました。

また当時のクレジットカードは
今のようなクレジットカードではなく、
富裕層向けに旅行や娯楽の為に使われていました。

最初はみんなが使ってたなかたんですね〜

しかし富裕層をターゲットとして
会員数を増やしてきたようです。

「MasterCard」「VISA」と、
現在の有名国際ブランド会社の誕生秘話とは?

創設者の1人である
F・マクナラが、
レストランで会食をしていた時、
財布を忘れて支払いをすることが出来ませんでした。

F・マクナラは家にいる妻に連絡を取り、
財布を持ってきてもらい、
無事に支払いを済ますことが出来ました。

単に現金の持ち合わせが無いだけで、
恥ずかしい思いを他の人にさせたくない。
その思いから、クレジットカードが誕生します

実はこれは事実じゃなく
PR戦略とのちにバレてしまいますが笑

加速するクレジットカード

1980年に入ると現在の
クレジットカード業界とほぼ近くなります。

ほどんどのクレジットカード発行会社が
VISAやMASTERの
国際ブランドとの提携を始めます。

クレジットカードは
もはや珍しいものではなくなるとともに

ちょうどその頃、銀
行法が改正されたのです。

銀行におけるクレジットカード業務が
付帯業務として
認められるようになったこの法改正をきっかけに、
銀行本体によるクレジットカードの発行が始まりました。

2000年に入ると、

現在は銀行系には
必ずクレジットカードがあり、

例えば三菱UFJ銀行は三菱UFJニコス、
三井住友銀行では三井住友カード、
みずほ銀行はUCカードとなっています。

 

お金の歴史を簡単にまとめると

物品貨幣

金貨や銀貨、銅銭

日本銀行券(現金)

クレジットカード

こんな感じで進化してきました

この先ってどうなると思いますか?

 

 

断言はできませんが

カードレス・キャッシュレス化

これが来ると思います

簡単にいうと
財布を持ち歩かなくてもいい時代

みなさんスマホ持ってますよね?

スマホで買い物が
できる時代がくると思うんです!

現金もクレジットカードも
簡単に庶民に知れ渡ったわけではありません

どの時代も
新しいものは
一部の人しか使われてきてなかったのです

ですが
それは本当に便利なものだったので
庶民にも浸透していき
今の時代になっています

今の時代
ほぼ全員
カバンの中には
財布とスマホ
両方お持ちではないでしょうか?

それならどちらか1つ
捨てましょうよ
って話です

そう考えると
捨てるのは
財布の方です

スマホは
色々と調べ物ができたり
音楽や動画も楽しめるし
漫画だって読めます
地図にもなります

様々なツールが
含まれているスマホに
お金の機能をつけるって

そんなに難しい話ではないですよね?

いつかきっと
財布がいらない時代がきますよ

財布に変わる仮想通貨

これが有力じゃない出ようか?

仮想通貨は最近になって
導入する企業が増えてきてますし

仮想通貨も法的に認められてきています

今のうちに仮想通貨を
増やしておきませんか?

私の元に
超がつくほど素晴らしい
仮想通貨を増殖させるツールがきました

何回かブログにも記載していますが

すごい反響をいただいています

このブログを読んでくれたあなたも
乗り遅れないでほしいです

Bit-AIというツールなのですが
何がそんなにすごいのか?

この表を見てもらえばわかります

満足度100%
資産が増えた人100%

文句のつけようがありません!

補償も充実しているので
今ならノーリスクで
始めることもできます!

ノーリスクでBit-AIを使う方法を
解説している記事があるので
以下の記事を参考にしてください

「今なら Bit-AI 【完全ノーリスク】で投資ができます!必ず確認してください!!」

(Bit-AI)

Bit-AI を購入する方はこちら

このチャンス絶対に逃さないでください!

本当に本当に
大チャンスです!


以上「カバンの中に必ず入ってるもの財布とスマホ、だったら財布捨てていいんじゃない?」

関連記事「「今なら Bit-AI 【完全ノーリスク】で投資ができます!必ず確認してください!!」

 

ピックアップ記事

  1. 超高性能Bit-AI を活用して副業!大金を簡単に手に入れる方法を紹介します!

関連記事

  1. 仮想通貨

    公務員副業 匿名仮想通貨廃止の流れ!!!

    匿名仮想通貨廃止の流れがありました!匿名仮想通貨とは何か?匿名…

  2. 仮想通貨

    コインチェックから流失した8億円分のNEMがZaif(ザイフ)に流入

    仮想通貨取引所のセキュリティ問題によってまた新たな事件が発生した。…

  3. 仮想通貨

    スターバックスも独自仮想通貨発行か!?

    スターバックスの会長が独自仮想通貨に関して発言スターバックス の最…

  4. 仮想通貨

    【最新情報】コインチェック問題と楽天コインに関して

    新キーワード「 楽天コイン 」というものが出てきました「楽天コ…

  5. 仮想通貨

    独自の仮想通貨が生まれる理由を考えてみた

    最近、独自の仮想通貨を生み出そうとする企業が多くみられていますね!…

  6. 仮想通貨

    パチンコの景品が仮想通貨になるかも?

    最近パチンコ業界は出玉規制などでパチプロを廃業する人が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメキャンペーン!

カテゴリー

訪問者

  • 10092総訪問者数:
  • 8今日の訪問者数:

Facebook

無料で本を手に入れる!!!


友だち追加

  1. Bit-AI

    Bit-AIを二ヶ月使った結果と感想
  2. 考え方

    お金は使うもの!貯めるものではない!
  3. 考え方

    脱 公務員 が語る人は困難にぶつかると知恵を出す!!!
  4. アンケート

    アンケートに答えて副業!
  5. 仮想通貨

    コインチェックNEM補償、一部出金、売却の再開のお知らせ
PAGE TOP